横浜人図鑑出演(jcom横浜)


横浜人図鑑出演写真

Jcom横浜
「横浜人図鑑」という番組に
出演させていただきました。

 

写真では、堂々と写っている感じですが、
収録本番は、しどろもどろ(苦笑)

 

ぶつけ本番、取り直しなし、
自分ではかなり言葉を選んで
話していた感じがします。

 

冒頭の歌も練習しておくんだった・・・
と色々な後悔がありますが、

 

そんな自分がどうのということより
このほんの19分間の番組に
沢山の方々が携わっていて

 

それぞれのプロの仕事ぶりに
感銘を受けました。

 

(収録前に30分ほど打ち合わせがあり、
アナウンサーの宮内さんを含めた
番組制作チーム6人の方とお話させていただきました。)

 

打ち合わせ中、
ガチガチに緊張している私に
ところどころ、和ませるような
ジョークがあちこちから飛んでくるし

 

打ち合わせの話しの中で出てきた
庭にあるハーブの話で、

 

何かハーブの写真があったほうがいいという
ことになって

 

私のブログから写真をとるのに
さっと作業をしてパネルにして
制作して出てきた迅速さ。

 

本番中の宮内アナの
言葉の拾い方、
視聴者にわかりやすくするための
相づちの中にある言葉の言い換え

 

とっさのアドリブ。

 

この中に身をおけたことが
とても貴重な経験となりました。

 

番組の中で話したことは、
過去の恥ずかしい話が
かなりのインパクトで

 

「ご覧下さい」と申し上げるのも
ほんのちょっと躊躇があります。

 

でも、先にFBでシェアした時に
覚悟ができました。

 

もうこわいものなしです(笑)

 

12/25放送分
番組公式ページでアップされていますので、

 

19分間、お時間のありますときに
ご覧いただけたらうれしいです。↓↓

末吉真由美 フェールマヴィ 代表


【掲載のお知らせ】誠文社Mon salon


誠文社から出ている
スクールとサロン運営と自分磨きのスタイルムック
Mon salon(モンサロン)

知り合いのサロネーゼさんが
素敵なご自宅のインテリアとともに
たくさん掲載されていて、

見ているだけで夢見心地の世界へ
引き込まれます。

本当に素晴らしい美的センス、
相当な大変さがあると思うのに
裏方の苦労を見せない完璧なまでのプロ魂

改めて
とても勉強になりました。

私の場合は、サロン運営の
ケーススタディとして
取材をいただきまして

インタビューが掲載されています。

お金の話しも
インタビュー内容そのままに。

華やかな雑誌の中で
ちょっと恥ずかしいですが(笑)

一歩を踏み出す気持ちのスイッチ
を押せたらいいなと思っています。


【掲載】これからの女性の働き方を考える(ビジネスノマドジャーナル前編)


「これからの女性の働き方を考える」という連載特集で
ビジネスノマドジャーナルというwebビジネス誌の
インタビュー取材を受けました。

教室をはじめる経緯、
始めてからの10年間だけでなく、

フルタイムの会社員時代
ワーキングマザーとしての
とても短かったキャリアについても
触れられたのは初めてのこと。

掲載記事はこちらです↓
前編(→★★
後編(→★★


取材時は冬でした。ライターの天田さんとアトリエにて


大切にしたい地域のつながりから始まること


夕方にアトリエにいらした
一和株式会社の社長渡部真吾さん。

そう、アトリエにパンを
配達してくださっている「パンの季」さんです。

安心、安全な材料でのパン作り、
配達を通して、たくさんの方々と出会われ、

地域の情報発信としての
役割も担われたいとの思いを
お持ちでいらっしゃいます。

会社のHP上に、パンの配達で関わっていらっしゃる
地域の企業やカフェ、教室、様々なサービスを
紹介していきたいとのことで、
インタビューにいらしてくださいました。

私の経歴や仕事のこだわり、
これからの展望など
インタビューを受けました。

逆インタビュー場面も^^

渡部さんは、アロマやハーブのある暮らしや
教室のことを綴っている私のもう1つのブログでも
ご紹介させていただいたアロマ男子。

(この写真は、↑パンを届けてくださって、
生徒さんたちに即席アロマ男子にされた写真です。)

その時のレッスンや様子(→★★


通常は、イラストデザイナーの小林さんが
配達をしてくださっています。

パンの季さんのメンバーは
本当に明るく楽しい方々ばかり。

ただパンを届けて、売って終わり。

これで十分お商売は成り立つかもしれませんが、
パンの季さんは、その先にある思いがおありでした。

人と人をつなげる
イベント企画や地域の情報配信
ご近所にこんなのあったんだ~!
ということを届けたい
必要な人に必要なものを知ってもらうきっかけを作りたい

インタビューを受ける身ながらも
渡部さんからもその思いをお聞きしました。

パンの季さんのこと、ご近所の楽しいこと検索に
いちわHPをご覧下さいね。(→★★

_____________________________________
インタビューを受ける中で、
教室を始めたい生徒さんの後押しをしていきたいという
私の思いをくみ取ってくださり、
教室開講された生徒さんたちの教室のHPやブログなど
一緒にご紹介してくださるとのことです。
(地域に限らず、遠方の教室も含めて)
うれしいです♪


【インタビュー取材】主体的にキャリアを開く


所や組織に縛られず、主体的にキャリアを切り開く
ビジネスプロフェッショナルに向けた
情報発信をしているサイト

【ビジネスノマドジャーナル】の
ライターさんでいらっしゃり、
キャリアコンサルタントの顔を持つ
天田有美さんがアトリエにいらしてくださいました。
(インタビュー取材でした)

今までのキャリアと今の仕事のつながりなど、
子育て中のエピソードも交えた話など
をさせていただき、

約1時間のインタビューでした。

掲載されましたらまたお知らせいたします。

ビジネスノマドジャーナル
https://bn-journal.com/


【Mirea掲載】恋する石けん


13729042_991502490965403_8720382698710572784_n

「届けたい価値あるものを生む仕事」
というコーナーで
取材を受けたみなとみらいフリーマガジン
mireaが発行されました。

 

 

料理におふくろの味があるように、
手作りの石けんはそれぞれの家庭のレシピ、
その人に寄り添ったその時の状況によって
作ることができるんです。

 

 

家庭で作るからonly one。

 

「ありがとう」って言われる、
「これよかった」「この香り好き」
「肌の調子がいいよ」「気持ちがいいよ」

 

レシピを考える時間がワクワクします。

 

 

20150429-mini177

「恋する石けん」
沢山のご家庭で
生まれていきますように思って
教室をしています。

 

9年目になりました。

 

_________________________

【みなとみらい情報誌 Mirea Web版】
Web版もあります。
Web版は、誌面にはない
もっと踏み込んだインタビューが
掲載されています。(→★★


【取材】届けたい価値あるものを生む仕事


blog_0091-1

横浜・みなとみらいの
フリーmagazine
【mirea】の

 

 

届けたい、価値ある物を生む仕事
「カタチあるモノ」というページの
取材のお申し込みをいただきました。

 

 

blog_0115

2ヶ月に1回創刊されるマガジンだそうで、
東急線の「salus」のような
感じなのかなと思いました。

 

 

写真は、3月号で、
掲載されるのは、7月号です。

 

 

みなとみらい線(横浜~元町中華街)
各駅においてあります。

 

 

blog_0026-1

アトリエのお祝いで
いただきましたお花を飾っていたスペースは、

家の石けんを並べ、
本来のスペース(石けんを置くスペース)
に戻りました。

 

 

1時間ほどのインタビュー。

 

ホームページにある経歴や
レッスン提供内容など

 

 

とても読み込んできてくださっている中の
インタビューでしたので

 

 

「ここが聞きたい!」
「そこを教えて!」

 

 

と聞こえてくるような
核心をついた内容に

 

 

いつの間にか
客観的視点のスイッチが入り、

 

 

自分自身のこの仕事が
クリアに見渡せたような
そんな気がしました。

 

 

その中で、ふと出てきた言葉は、
今までつかめていなかった
自分の言葉。

 

 

誌面という限られた文字数の中で、
どんな風に言葉を拾っていただき、
記事になるのかとても楽しみです。

 

 

blog2

最後、余談で植物のことについて
お話させていただいていたら、

 

 

かおりに親しんでいただく
即席体験会に変身♪

 

 

ライターさんと
カメラマンさんのお二人に
アロマスプレー作りを
お楽しみいただきました♪

 

 

「いい香り~!」
こんなに簡単なんですね
これならできそう

 

 

レッスンを通して
この言葉を自然に発するヒトを
増やしたいので、

 

(講師養成・教室サポートは
そのための活動です。)

 

何よりうれしいお言葉です。
ありがとうございました!!

 

 

・・・・・・・・・・・・

【おまけ】

01c02f230403b099ae8866139a1475d21adbf1f529

この日、夕方からは
友人が主宰する元町バレエスクール
「Millfeulleミルフィーユ」の
発表会を鑑賞してきました。

毎年の楽しみです。


【雑誌掲載】在宅ワーク・自宅起業特集


エコマム雑誌

「はじめよう
家族と自然に優しい暮らし」

 

そんなサブタイトルがついている
日経BP社から出版されている
ecomom(エコマム)
という雑誌。

 

秋号で特集される
在宅ワークについて
取材申し込みをいただき、
この雑誌を知りました。

 

「暮らしを丁寧に
社会への意識は高くー」

 

料理・家事の工夫から
企業の環境CSRメッセージまで
届けられた誌面を拝読しました。

 

企業における環境CSR活動を
よりよい方向へ
進めてもらうために、

 

ただ読むだけでなく

 

「生活者としての
私たち主婦の声を届ける」

 

といった雑誌を通して
企業と生活者の橋渡しの
存在でもあり、

 

さすが日経BP社の
出版物だと思いました。

 

blog_0051

そのような雑誌の秋号特集で
「自宅を仕事場にする
という働き方」
のケーススタディ1として
取り上げていただきました。

 

取材日は、
石けんAdvanceコースの
レッスン日でもあったので

 

レモンバーベナを蒸留しながら
座学で説明している様子が
見開きの右ページに
小さく写っています。⇑

 

 

blog_0044

左ページには、
実習中の生徒さんと
一緒に写っている場面。

 

【仕事のコツ】

 

3つのポイントを聞かれて
おこたえしたのが、

 

家庭も仕事もがんばるコツは、
家庭の肝心なことに真心。
あとは振り分け。

 

各家庭で肝心だと思うことって
いろいろあって
それそれだと思いますが、

 

うちの場合は、
「食事」と
「一緒に過ごす時間」

 

食事は、子供が小さい時は
ほとんどしたことがなかった外食や
お惣菜を買ってしまうことも
あります(笑)

 

片付けや準備などから離れて
顔と顔を突き合わせながら
たわいない会話の時間になるので
ポジティブにとらえているのですが、

 

そんな中でも
1つ決めていること。

 

朝食とお昼に持たせるお弁当。
(夫と娘の2人分)
そこに真心をこめる。

 

がんばりすぎず、
「引いたら足す」
(できなかったらどこかで挽回)
家族にも役割をもってもらう。

 

そんな気持ちでいることが
続けていられるコツでしょうか。

 

blog_0043

あと、3番の家族に対して
「ほう・れん・そう」

 

自宅を開放して
不特定多数が出入りする
教室・サロン業。

 

家族の理解と
協力が不可欠です。

 

どんな小さなことでも、
報告、連絡、相談はします。

 

ただ、相談事に関しては、
意見を聞いて、
最終判断は自分でする。
そして報告(笑)

 

小さい教室とはいえ、
1つの事業であり、
そのオーナーは、
他の誰でもない自分。

 

家庭での役割と
きちんと線引きして
考えられることが

 

自宅を仕事場にするうえで
必要なことだと思っています。

 

71f3edca64830cbcbe144d4a994baa8a

取材にご協力いただきました
Advanceコースの火曜日クラスの皆様
(スカイプの向こう側からも。)
ご協力いただきまして
ありがとうございました!!
雑誌は、次回レッスン時にお渡ししますね。


【FM横浜出演】私にとって「オーガニック」とは?


d5d13ec60d81ffa11bedeaef8d3d9e0c

9月14日(月)13:50~
FM横浜

 

ファンケルヨコハマナデシコに
出演させていただきました。

 

 

私は、リアルタイムで
聴けなかったのですが、

 

後日、CDを送っていただき、
恥ずかしながらも
聞いてしまいました(@_@。

 

 

高校生の時、
兼部でしたが、
放送研究会(!)にいたので、

 

 

自分の声を聞く機会は
その頃はそれなりに
経験済み。
(朗読大会に出たり・・・)

 

 

時を経て、
久々の放送マイクを
通した声

 

 

「裸の自分」を知る
いい機会となりました。

 

それは、
「声の出し方・発音」
「話した内容」
に限らず、

 

インタビューされた教室のこと、
自分のことについても。

 

Faire ma vie
(フェール・マ・ヴィ)とは

フランス語で
「私らしい生き方、お気に入りの生活」
という意味があるのですが、

 

私にとってそれは、
オーガニックな暮らし
=そこにある暮らしを大切にすること

その1つとして
植物を育て、愛で、嗅ぎ、

さわり、食す・・・
植物のもつエッセンスをわけてもらう
アロマライフをテーマにしています。

 

 

Faire ma vieは、
五感を使って自分のお気に入りに
とことん向き合い、
自分の珠玉の
お気に入りをみつける場所。

 

いらっしゃる方がたにとっての
サードプレイスで
ありたいと思っています。

 

うまく伝わっていたでしょうか。

 

・・・・・

番組収録前に
FM横浜内を見学させていただいたので
ご紹介させていただきま~す♪

 

fyoko4

館内は、横浜らしい
「海」を感じさせるものばかり!

 

ヨットの帆をモチーフにしたランプ。⇑
放送中は、赤いランプがつきます。

 

 

fyoko1

 

中に入ってみると・・・⇑
「The Breeze」の生放送中。
向こう側に北島美穂さん!

 

ちょうど音楽を流しているところだったので、
こちらに気づいて微笑みをくださいました♡

 

fyoko7

収録部屋の扉についた窓も
船の中を思わせます。⇑

 

 

fyoko3

窓からはこんな風景が見渡せます。⇑

 

 

fyoko2

CDが五十音順に整理されて
収納されています。

 

収納の扉を開閉するハンドルも
船の中にあるみたいでしょう。

 

fyoko5

懐かしのレコード!!
LP版も!

 

fyoko8
fyoko9

社会科見学みたい^^