伝える写真を撮ることは、魅力的なレッスン発想につながる


毎月第2金曜日は、教室スタートアップ講座。
1月はLesson6でした。
「伝える写真をとるということ」

 

私は、カメラマンでもなんでもないし、
商用の写真の撮り方は習ったことがありません。

 

ただ、写真は元々好きだったこともあり、
写真展によく足を運んでいました。

 

また、好きなフォトグラファーの
お散歩フォトワークショップは
出たことがあるので

 

写真の撮り方の基礎は
少しは、かじったとも
言えますが、

そんな程度です。

 

写真の撮り方講座やカメラ講座
フォトスタイリングなどは
専門家に習って欲しいのですが、

 

教室運営の中での
「伝える写真」を撮る

これに限っては、”綺麗な写真”とは
また違うベクトルがあると思っています。
そこがこの講座の中にあるものです。

石けん用ネット

大切なことなのに
きっと当たり前すぎて気づかないこと。

 

今私たちが大地に足をついているのも
地球に引力が働いているからなんて
改めて想像することなんてないですよね。

そういうことです。

 

「伝える写真」は
「綺麗な写真」のための技術や
テクニック以前のこと。

逆に言えば、どんな方でも
どんなカメラ、携帯でも
すぐにその変化を感じられること。

 

かなり引っ張ってしまいましたが
なんだと思いますか?

_________________
感動すること!
_________________

 

感動ということ、
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

 

伝えたい!と
何か心動かされるものを
探すこと

 

それは、そのものの中に
良さを見つけること
でもあります。

 

な〜んだ
って思われたでしょうか?

 

どんなにすごいことでも
世の中のいろいろなことは、
一見、な〜んだそんなこと
と言われるような、思われるような

 

その積み重ねの先にあるもの
ではないかなと感じています。

そういう意味で、
「伝える写真を撮る」ことは、
「魅力的なレッスン発想につながる」
そう断言しています。

 

講座では、どうやって
写真を撮るときに、「感動するのか」

感動すると
写真はどう変わるのか・・・

 

ご自身が撮った写真で
Before afterを確認してもらいました。

 

それだけで変わる写真。

 

そのベースがあって、
技術的なこと
テクニックを知ると

 

また一段と写真を撮ることが
楽しくなりますね。

 

生徒さんのお庭から
持ってきてくださったレモンリーフを
蒸留しながら・・・。

 

___________________________________________
先日、卒業生から
あるきっかけから開催したワークショップが
継続講座となって、リピーターさんも含めて
コンスタントに開催されている様子を
ご報告いただきました。

生き生きと活動され、充実されたご様子を
うかがえることは、とても嬉しいことです。
ありがとうございました。

手作り石けんの講師になるきっかけは色々<後編>




【教室運営】食事を作れない時は人のエネルギーを借りてチャージ


八草がゆ

七草がゆならぬ八草がゆです。
今朝、8日に8草の朝食

(うちの畑からはスズナ、スズシロ
ホトケノザ、番外編で赤かぶ)

年末から年始にかけて
いつも以上に食べたり飲んだりして
疲れている胃腸を休めるおかゆ

10日ぐらいまでに
春の七草で召し上がるといいですよ。

(行事食で7日の朝食に食べるものですが、
この日にたまたまどうとかで、
7日の朝食にできない時もありますよね。
そんな時は、日がずれたっていいではありませんか。
・・・っておこられるかしら。)

 

今日は、自宅で事務仕事をしています。

 

教室をやっている方々は、
ご自宅を開放されてされている方も
多いと思います。

 

私も8年間自宅教室をしていました。

 

お家は大好きでしたが、
一続きになったLDKすべてが
教室の場であり、

 

ずっと家に籠もって
人を受け入れている状態・・・

 

生徒さんをお見送りして、
片付けて、掃除して、
その後、買い物して・・・

 

買い物なくても、その辺を歩くという
外に出ることは意識していました。

 

外に出るということが
切替になるので、
生徒さんをお迎えしていた場所は
家庭の場に戻るわけですが

 

キッチンに立ちたくないなぁと
思う日もありました。

 

そう、自分のエネルギー不足で
やる気が起こらない。

 

そんな時は、どうするか。

 

気持ちよく誰かのパワーを
借りるのです。
(気持ちよくです。)

 

潰れた気持ちでは
美味しいお料理を作ることが
できないし、

 

それを食べる家族に
パワーを与えることができないから。

 

外食でごめんね
買ってきたものでごめんね
出前でごめんね

ではなく、

人様のエネルギーを借りて
チャージするんだ!と
思って。

心や体に凝り固まったものがあれば
ほぐれていく感覚があります。

 

どこのお店で
誰が作ったものか

 

そこは大事なところなので、

 

元気な時から
いいなと思うところを
見つけておくといいと思います。

 

(いざとなったらここの出前頼もうとか、
ここのお惣菜を買おうとか、
ここで食べようとか)

 

また、元気な時も、
自分を高めてくれるような
パワー溢れる食事を出してくれる
レストランに足を運ぶこと・・・

好きな方とたわいないおしゃべりをしながらもいいし、
時には、お仕事でご一緒される方とは
将来の展望に向けての話など

お酒や食事を楽しむこと
最高の時間を過ごすことも大事。

以下アロマやハーブに興味がある方々へ
ご紹介したいレストラン。

ジャッジョーロ銀座

入り口のメディチ家の紋章が目印。
世界最古の薬局サンタマリアノヴェッラの
考え方を取り入れたトスカーナ料理がいただけるレストラン。
ジャッジョーロ銀座

 

ヘルバモンド

食後に出していただけるハーブティーは
好みや体調を伝えると
ハーブ王子がブレンドして
出してくださいます。
恵比寿にあるイタリアン「ヘルバモンド

 

そうそう、今日のご飯・・・
って思ったら、好きなところの
お惣菜があるといいですね。

 

私は、おでんです。
菊名東急の中にある
練物屋さん「能登屋」

 

ここで、たんまり買って、
家で土鍋に入れてコトコト煮るだけ。

おでんにする力がない時は、
そのまま大根おろしでおかずに
するのもおすすめです。

 

お教室に来られたら
ぜひ、帰りに買ってみてください。

 

私のパワーフードです(笑)

 

 

 メルマガ登録▼

教室スタートしたい方、また
教室をすでにしているけれど、
運営について知りたい方へ
お役に立てるようなことを配信しています。