教室スタートアップ講座Lesson3


昨年より、教室スタートアップ講座の
第3回目を担当していただいているのは、
夢をかなえるおかたづけナビゲーターの
伊藤夏美先生。

 

講座の様子や内容は
先生のブログをご覧下さい。

ビジュアルで描く事業計画書~ドリームマップ~

受講生の気づきのシェアをします。
(全員の振り返りシートが届いていないので
一部ご紹介します。)

________________________

誰か(ペルソナ)に必要な役立つ情報を提供するのが、
教室であるなら、自分が好き、自分ができるから、
よりもペルソナ目線が必要。
他人目線、他人の意見にヒントがあると、
ここのところ考えていた。
ですので、レッスン内で三人から見た自分のイメージや印象、
色のイメージもその意味でとても参考になった。

1年後、3年後の具体的なイメージを持つ事、
「心のブレーキ」についての考え方、
自分自身について洗い出す事、は、起業を意識してから、
幾度となく共通して上がってくるので、大切さを改めて感じた。
(Lisaさま)

__________________________

自分の考えや目指す姿を書き出すことや、
写真のイメージで見ることによって、
具体的な将来像が見えてきました。

今までは、学んできたことを教える教室を開きたい。
という教室を開くということばかりを考えていたように思います。

こんな人を笑顔にしたい、
こういう形で社会へ貢献したいということを考えることで、
周りの人が求めていることが見えてくるような気がしました。

思ったことを書き留めることを始めてみようと思います。

その日の行動スケジュールや感じたことを書き留めることで、
半年後、1年後に過去を振り返る材料になり、
のちのスケジュールや講座を組み立てるときの参考になると感じました。

できたことノートも新鮮でした。
今まで、日々の予定を立てても一日を振り返ると、
今日はこれができなかった、あれもしようと思ったのに。
ということが多かったですが、

できたことを書くことで、
前向きな気持ちになれたり、
やるべきことの優先順位が付けられたり、
実行可能なスケジュール作りができると思いました。
(りーこさま)

____________________________

「気づき」のシェアの後は、
次回レッスンまでの行動計画宣言です!

 

このレッスンは、
「ああ~、いい話を聞いたな」
「モチベーションがあがる!」
という内容ではなく、

 

具体的に次に何をするか
自ら行動に落とし込んでいくんです。

 

さて、次回は、講座の作り方
金額設定や時間など
カリキュラムを作る上での
大事なことについてお話しします。

 

_______________________

今日のQOLアップレターの内容は、
金色に光る「黄金の羽」でしたが
りーこさんの「気づき」にあった内容に
関連するので、内容を抜粋してご紹介しますね。

意識のアンテナを立てる道具=メモすること

 

 


意識のアンテナを立てる道具=メモすること


突然ですが、黄金の羽を拾ったことはありますか?
私はなんとあるんです・・・

 

でもね、「星の王子様」の一説にあるように、
目には見えなくて。

 

私が拾った「黄金の羽」は、
私にとっては、「黄金」だけれど、
他の方にとっては「黄金」ではないかもしれません。

 

はたまた「黄金」なのに、拾えてなかったかもしれません。

そう、「黄金の羽」とは、
自分に幸せをもたらせてくれるものです。
そして本当に大切なモノ。

 

心の中に何もなければ、目の前を通り過ぎるものに
あれもいいなこれもいいなあっ、こういうのもいいな

 

いいな、いいなで終わってしまって
結局何も拾うことができません。

 

心の中にアンテナを立ててみてください。

 

自分にとっての幸せをもたらせてくれる
情報をキャッチするアンテナ。

 

では「アンテナ」って?

 

「アンテナ」とは、「意識すること」
具体的には、心の中だけの「意識」だけでなく、
「道具」を使いましょう。

 

「情報をキャッチする道具」
↓↓↓

「メモ・ノート」です。

まとめますね。

幸せになるための「黄金の羽」は目に見えないけれど、
拾うために「アンテナ」をたてる。
「アンテナ」は目に見える化する。
見える化とは「メモ・ノート」です。