教室スタートアップ講座で学ぶこと


教室スタートアップ講座

お教室に通うということ。

 

その分野に興味があった
好きなこと。

 

 

スキルや技術、知識を学ぶことは
ためになるし、とても楽しい!

 

だからあれもこれも知ること、
やることに貪欲になります。

 

もし、教室を始めたいと思われた時、
これまでの学びを活かして始めるのは
実はそう難しくないこと。

 

始めることに、少し「エイっ」と
エネルギーが、いりますが

 

周りに教室をされている方がいらっしゃると
影響を受けるもので
(思考がそれが普通になっていく)

 

自然とその方向へマインドが
ついていくものです。
(やり方も、周りと同じように。)

 

ところが続けていくことは、
エネルギーがいくらあっても、
素晴らしい技術やスキル、
知識があっても
行き詰まることがあります。

 

教室運営を続けていくためには、
これまでとは違う学びが必要。

 

何故なら主婦だから。
(自分がそうだから痛感しています)

 

今日明日のことが大事で
それを平穏に守ることを
されてきていると思います。
これは当然のこと。

 

ただ、教室運営には、
別の思考も必要です。

 

私のように育った家庭も、
結婚してからもサラリーマン家庭であれば尚更、
雇用される身で働くという概念しか知らないので、

 

教室をやることと運営し続けることの違いを
いつかの場面で思い知るわけです。

 

今の状態は、3年前の行動の結果と言われます。
3年後の状態は今の在り方次第。

 

教室の仕組みづくりが大切。
そのための基盤が
教室スタートアップ講座の中に
あります。

 

昨日は、Lesson8「年間計画のたて方」でした。

 

現在の1期前の受講生の言葉
(教室を始められて間もない時)

「これまではとにかく教室をやる
ということが1番だった。
きてくれる方がいればできるだけ
おこたえしたいというのがあった。

目指すモノはそれだったのかな。
手放すモノは、かえなくちゃいけない。

レッスンに追われていた日々から
こういうことが考えられる時間がとれた。

レッスン以外のどこで
自分の時間をとろうかと
最初に考える時間ができた。

レジュメの作り方も変わったと思う。

Before 知っていることとか基礎とか
ベタうちするような感じだった。

After ペルソナが困っていること、
根本的に解決したいことを
想像して作るようになった

 

ここで言われている
「考える時間」は

 

「次のレッスンは何をしよう」と
考えることではなく、
(これがレッスンに追われている状態。)

 

教室のあり方を考える時間。

 

次のレッスン何しようと考えて作ったレジュメと
ペルソナのことを考えて作ったレジュメ

 

同じ「レジュメ作り」でも
追われている感じがしないものですね。

 

次回はいよいよ最終回。
【教室にまつわるあらゆるもの
(人、物、お金、時間)の管理の仕方】です。

 

ペルソナとは・・・?
こちらの記事も参考に

教室スタートアップ講座Lesson3

 

____________________

教室スタートしたい方、また
教室をすでにしているけれど、
運営について知りたい方へ
お役に立てるようなことを配信しています。


 

 



恋する石けん®︎商標移転届をしました


商標移転届

個人事業主時代にとった商標登録。
「恋する石けん®︎

この短い言葉に大切な理念を含んでいます。
(この理念に共感、伝えてくれる方々も多くなりました)

法人4期目を迎えるのに個人所有のまま
そのまま放置していた現状、

弁理士の先生に
「今は法人としての立場なのに
個人所有の商標は使われていないと
みなされるので権利を奪われる
リスクも考えてください」
とアドバイスされました。

 

3年使っていない商標は
権利を奪われるリスクがある。

とても魅力的な商標なので
移転申請をされた方がいい
と言われて作った書類。

 

自分の名前に「殿」をつけるということを
することで、

会社と個人は「別格」を強烈に感じ、
他人にあてた書類のような感じがしました。

 

無償か有償かでも書類が異なり、
商標は、財産なんだと感じた出来事。

 

申請から約ひと月かかり移転承認が
無事におりました。
(商標登録は8ヶ月かかりました)

そもそも商標登録をとるに至った理由とは?⬇︎

恋する石けん®︎商標登録がおりました。

____________________

教室スタートしたい方、また
教室をすでにしているけれど、
運営について知りたい方へ
お役に立てるようなことを配信しています。


 

 



【教室運営】教室で大事にしていること


【faire ma vie】
カタカナにして「フェールマヴィ」としたものが
社名でもあるのですが、

フランス語で「私(その人)らしい生き方」

心身共に穏やかで健康であることが基盤になります。

 

そのための手立てでアロマやハーブを
石けんという1つのカタチにして
暮らしに取り入れることが
恋する石けん
®︎ができること。
先日、大阪で「恋する石けん関西講座」として
第2部で「
教室のこと色々トークライブセッション」を
しました。
(1部は、恋する石けん化粧品学と
オリーブリーフの石けん作り)


その時に
「教室をしている上で
大事にしていることは何ですか」
というご質問をいただきました。
教室をするということは、
メインとなるのは
対生徒さんとの時間。
なので生徒さんとの接し方に
関してまず心に留めておくものを
持つことが必要だと思っています。
「生徒さんに真摯に対応する」
これは、最初に主催者である
由加里先生が述べられました。
私がその他にあげるとすると
「公平性」
どの生徒さんに対しても
同じように接すること。
それから、アゲート(めのう石)に
カリグラフィーで
かいていただいた言葉
Simple can be harder than complex.
シンプルであることは、
複雑であることよりもむずかしいときがある。

 

複雑にならないように、シンプルに

これは、カリキュラムなど含めて
提供することや、やることに対して
大事に考えていることです。

スティーブ・ジョブズのスピーチで
好きな箇所です。

Simple can be harder than complex.
You have to work hard to get your thinking clean to make it simple.
But it’s worth it in the end because once you get there,
you can move mountains.

とかく、何でも複雑になりやすい
自分に対しての戒めで、
何かを生み出すとき、話すとき、
思い出すようにしています。

恋する石けん関西講座を主催してくださった
恋する石けん関西インストラクターの
由加里先生(→★★)と並んだ当日の写真。

インストラクター仲間のお一人
Sakura先生(→★★)が
写真に納めてくださいました。
裏方での諸々お手伝いも含めて
本当にありがとうございました。
恋する石けん関西講座
 メルマガ登録▼

教室スタートしたい方、また
教室をすでにしているけれど、
運営について知りたい方へ
お役に立てるようなことを配信しています。


 

 

 


恋する石けんインストラクター認定講習


恋する石けんインストラクター志望者がいらした12月。
13日に続いて、14日にも認定講習会を開催しました。

 

恋する石けんインストラクター認定講習は、
これまで私が直接、関わらせていただいた生徒さんに
行っている講習会とインタビューです。

 

(現在は、認定教室でも恋する石けん入門コース、
探究コースを開催しているので、
そこからインストラクターを目指される場合は
少し異なります。)

 

全員が全員、自宅やどこかの場所で
お教室を運営されるわけではないです。

「恋する石けんインストラクター」として
仲間から学び続けたいから、

また、講師の仕事に集中できたらいいなという方も
いらっしゃいます。

教室運営と講師をするということは
別次元だから。

講師の仕事だけでも準備からレジュメ作りから
前後フォローなど沢山あるのに、

お教室運営となると
教室をどこでやろう、集客はどうしよう、
メール対応や値段設定やら、
キャンセルの場合は?地震がきたら?
そうじや諸々

生徒さんをお迎えするまでの
付随することがたくさんあります。

「レッスンをする」ことだけに
フォーカスできる環境とは、また異なるわけです。

もし、恋する石けんインストラクター(講師)として
「教える」こと、その準備だけに集中できたら?

 

どんなにいいかって
私自身は思ったことがあります。

 

「講座の準備」だけに集中。

このラボではそういう方向をのぞまれる方に
開かれた環境とともに、
受講生にとっても幅広い視野を広げる講座を
開催していきたいと思っています。

 

恋する石けんインストラクター
ほしのまきさん。
野口亜希子さん。

認定です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加

 

 

 


恋する石けんインストラクター認定講習


恋する石けんインストラクター認定講習でした。
認定されたインストラクター早乙女舞子さんの
お教室名は、「Fuwari*Savon」です。

植物からつくる石けん教室
場所は、菊名のお隣、大倉山。

恋する石けんインストラクターは、
年4回、インストラクター会という
様々なテーマで、

 

講師として、教室主宰者として、
法規面、マインド、スキルアップになる
勉強会をし、研鑽しています。

 

また、アロマやハーブなど
情報のアップデートをしているので、

 

どの教室にいかれても安心して
習うことができます。

Fuwari*Savon

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加

 


恋する石けんインストラクター馬車道イベントお疲れ様会


恋する石けんインストラクター達と
馬車道イベントお疲れ様&振返り会でした。

自宅教室を長くしていたので、
メンバー全員ここが古巣のように
懐かしく感じてくれるので
料理も作りがいがあります。

 

新しく3名のインストラクターを迎え
(この日はこれなかった大阪の桜井敬子先生も含め)
初のイベントとなりました。

【今回の振り返り】

皆さんが持ってきてくださったデザートで
お茶をしながら振り返りをしました。

 

・・・感想・・・
●イベントは、見に行くだけだったけれど、
自分たちが主体的に「やる」ということが楽しい。

●今回一緒にコラボレーションさせていただいた
Purebloomチーム(木の実デコール講師陣)たちのディスプレイが
とても勉強になった。

●いつもは一人で何もかもやらなければいけないけれど、
チーム行動で、裏で苛性ソーダを準備してもらえたり
片付けをしてもらえ安心感があった。

●いつもは一人で何もかもやらなくてはいけず、
神経をあっちにもこっちにもいかせないといけないけれど、
受講生の「つくる」に集中してみてあげられるのがよかった。

●すごく楽しかった!

●次回はもっとがんばりたい。

●デザインの仕方を伝えるのが難しかった。

●色作りに時間がかかってしまった。

●教えるという「経験」になった。

●イレギュラーでずっとレッスンしている感じで忙しかった。

●お客さまがディスプレイをじっくりみてくれたり
香りのテイスティングを楽しんでくださり、
滞在時間が長くてうれしかった。

●レッスン運びが勉強になった。

・・・今後に向けてのアクション・・・
●ディスプレイの石けんに
名前やプロフィール、
恋する石けんStoryをつける。

●商品(アロマワックスサシェ、ハーブティー、
恋する石けんカモミーユシュシュ、石鹸用シリコンシート)
の値札シールのやりかたを変える
→会計をスムーズにする方法でシール方式採用

●ご予約の方をお待たせしない誘導をする。

●材料を置く場所をきちんと決める、整理する、
引き継ぎ、申し送りの徹底。

●お昼がきちんととれるように
タイムスケジュールをもっと細かく決める。

●同じエプロンなので、間違えてしまうことを防止するため
エプロンに名前をつける。

●SNSにアップする時の写真に注意する。
(お客さまのお顔や手元の状態は気をつけていても
遠くに映り込んでいる全てのことに気を配る。)

●石鹸作りのワークショップをする場合、
コンフェッティを入れるようなものを考える。
(色使いのバラツキがでないように)

 

2019年は、purebloomさんでは、
ワークショップではなく、
作品展というカタチをとることになっているので、
コラボレーションイベントは開催しませんが

また別のカタチで
企画を考えたいと思っています。

恋する石けんインストラクターは
「楽しい」を広く普及する
石けん作りに関することを、

新たに創設する「恋する石けんオーガニスタ」
というメンバーは、
公的な活動をしてまいりたいと思っています。

メンバー全員、益々精進していく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします!!

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


好きな仕事ともう1つの仕事の挾間で揺れるときは


末吉真由美セミナー

4月21日大阪で開催させていただいた講座
第1部に恋する石けんLabo講座
4種類の石鹸作りをしていただきました。
(末尾に開催報告の記事に
リンクをつけています。)

 

続く第2部では、ミニセミナー
「趣味から仕事と
呼べるようになるまで」

 

質問タイムでは、たくさんの質問を
いただきました。

 

その中で今回ここで
取り上げさせていただくのは、

 

現在は本業がおありで
(収入の柱となるお仕事)
そのお休みの時に手作り
石けんや
アロマ、ハーブ関連のお教室を
されていらっしゃる場合の
特有の
悩み。

 

普段は、本業と家事の両立で目一杯
お休みの日は、家族のお世話や
たまっている家事もこなしたい、
レッスンの準備もある。
またインプットのために
勉強にもいかなくてはいけない、

レッスンもしなくちゃ・・・

 


とにかく時間がない!
時折、疲れたなぁと思って
やる気がでず、やめちゃおうかなと
思ってしまうときがある・・・。

 

本業だけだったら、お休みの日は
本当にお休みで、レッスンのことを
考えなくてもいいし・・・。

 

”どうすればよいでしょうか。”

 

というご質問でした。

 

 

末吉真由美

これを読んでくださっているあなたは
どんな風に思われますか?

 

大阪でお答えさせていただいたこと
こちらにシェアしますが、
”1つの考え”として、
受け取ってもらえたらと思います。

 

私達がやっているような
お教室の「先生」というものは、
その人の中が満杯で(あらゆる意味で)
あふれるものがあるから

 


自分自身の中で
「教えること」に目を向けることができ、
またそれを人からも求められるもの。

 

ご質問してくださった方は、
もしかしたら今、
ご自身の心が満杯ではない状態
なのかもしれません。

 

ずっと走り続けて
いらっしゃったのでしょう。

 

好きなことって
時に盲目です。

 

相手の期待にこたえたいし、
自分のことを置いてきぼりに
なさることもあるかもしれません。

 

疲れたなぁ、やめちゃおうかなぁ
という気持ちになった時に
大事な決断はしないでくださいね。

 

必要なのは、「充電」時間です。

 

「教室」の方は、少しお休みしてみましょう。
(収入の柱がある方はこれが強みです。)

ひと月か、ふた月か、3ヶ月か・・・

 

本業がお休みの時は、
お家のことに時間をかけるのでもよいし、
ご家族との時間をもったり、
お友達と飲みにでかけたり・・・

 

ご自身の本当の休日を
満喫なさって、

 

「疲れたなぁ」という
言葉も忘れたころになったら

 

改めて、このお教室のあり方について
考えてみられたらよいと思います。

 

その時の指標にしてほしいのが、
このことが
”自分にむいているか、むいていないか”
と考えるのではなく
”自分がやりたいか、やりたくないか”
です。

 

そして!
教室を休むことに
臆病にならないでくださいね。

 

十分に充電すると
新しいアイデアや企画
ワクワクとした「動」が
ご自分の中に生まれてきます。

 

これがとても大事なこと。

 

「休んだら生徒さんが離れていくのでは?」
という質問もありましたが

 

しっかり充電されて
パワーアップした「先生」は
とても魅力的。

 

今までに無かったエッセンスも
レッスンの中に自然と
加わっていくものです。

 

「離れていくこと」
そうなる確信はどこにもありません。
たとえあったとしても、それもご縁、
新しい出会いもあります。

 

むしろ、充電なさった後の
新しい出会い(人・事柄・もの)は、

 

これからの方向性に気づきを
もたらしてくれるものです。

ご自身にとってよりよい選択が
できると信じています。

最後に
GWに読んだ本の中で、こちらをおすすめします。
小山薫堂さんの「幸せの仕事術」
小山薫堂さんは、放送作家であのくまモンの
生みの親でもいらっしゃいます。

たくさんの気づきやヒントが得られると思います。

 

 

大阪の講座の様子↓↓↓
【恋する石けんLabo講座@大阪】開催報告

もっと暮らしが好きになる、
もっと自分が好きになる
QOLアップレター(メルマガ)
こちらからご登録いただけます(→★★

人と植物アロマと石けんをつなぐ恋する石けんインストラクター


恋する石けんインストラクター会発足時
初期メンバーは、6人+私でスタートしました。
(たまにはLaboではなく、自宅教室で)

 

恋する石けん入門~探究コース
その他レッスンをここに通ってきてくれていた方々なので
「懐かしい~!」と言いながら
駅からの急激坂道をのぼってきてくれました。

 

それから、2年、
8名のインストラクターを迎え

昨日、3名のインストラクター認定を
させていただ、新しいメンバーを
迎えました。

_____________________

さて、昨日のインストラクター認定面談で
こんな話を聞かせていただきました。
↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ecoなこと、体にいいこと・・・というと
●こうしなきゃダメ、ああしなきゃダメで
ダメダメダメで苦しそうなことが多い。
キラキラしていない。(輝いて見えない)
●ダメなことを探すことが多い。
●ちょっと暗い印象がある。

「恋する石けん」や「ライフオーガニスタ」は、
ダメダメではなく、どうすればいいのか考えられる。
無理をしないで楽しくできる、
世捨て人みたいになるのではなく
キラキラしながらできる。(輝いて見える)

ecoや体にいいことが広がるためには、
ecoだけどダサイよねではなく、

 

楽しい、かわいい、
みんながいいなと思える
ワクワクする気持ちが
大切だと思う。

自分にとって「恋する石けん」は、
ecoの興味をもってくれるものの
きっかけになるようなこと、

一部の2割の人ではなく、
みんなが作れるようになれればと
思っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑↑↑ ここまで。

 

「恋する石けんインストラクター」を
目指してきてくれる方は、

 

1年半学んで
心から「恋する石けん」が好き!

つまり、「人」が好き、「植物アロマ」が好き
「暮らし」が好きな人。

 

そして、もっともっと自己成長したい。

 

そういう思いがある方々です。

 

そのために
「instruct」する経験が必要で
そういう場をたくさん作っていきたいと
思っています。

 

「instruct」とは、
「人に伝え導くこと」

 

恋する石けんインストラクターは、
「人+(暮らし)」と
「植物アロマ」と「石けん」をつなぎ
伝え、導く人達。

 

「なんかいいよね」という漠然とした
気持ちをジワジワと深いところへ
育んでいける人。

 

地域でいきいきと活躍する女性たちを
増やし、

 

それぞれの暮らしからみえてくる
環境のこと、心と身体のメンテナンス
これらライフケアにつなげ
よりよくできることを考えていきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

_______________________
QOLアップレター
(メルマガ)登録(→★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アロマテラピーインストラクター試験受験エール(イチロー会見の言葉引用)


妖精と花

今日は、午後からアロマテラピーインストラクター試験です。
教室から2名の受験生が挑戦されます。

 

先日、プロ野球のイチロー選手の引退会見を
録画して、しみる言葉がたくさんあり、
何度も何度も見返しました。

 

小見出しは、受験生、そして自分に向けて
一文でまとめた言葉にし、
会見の言葉はそのまま引用させていただいています。


(我が家の今、エネルギッシュな植物たちの
写真と共にエールをのせます。)

 

===================

『自分なりに頑張ることを重ね、
これを重ねることでしか後悔をうまない』

====================

”結果を残すために自分なりに重ねてきたこと、
他人より頑張ったということはとても言えないですけど、
自分なりに頑張ってきたとははっきりと言えるので。

 

これを重ねてきて、重ねることでしか
後悔を生まないということは
できないのではないかなと思います。”

==================

『自分に向くか向かないかよりも
自分が夢中になれるものをみつけること』

==================


”自分が熱中できるもの、
夢中になれるものを見つければ
それに向かってエネルギーを注げるので、
そういうものを早く見つけてほしいと思います。

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁にも、
壁に向かっていくことができると思うんです。

それが見つけられないと、壁が出てくると
あきらめてしまうということがあると思うので。

いろんなことにトライして。
自分に向くか向かないかよりも、
自分の好きなものを見つけてほしいなと思います。”

==============

『言葉にして表現することは
目標に近づく第一歩』

==============

”最低50歳までって本当に思っていたし、
それは叶わずで、有言不実行な男になってしまったわけですし。
その表現をしてこなかったら
ここまでできなかったかもなという思いもあります。

だから、言葉にすること、難しいかもしれないけど
言葉にして表現するというのは、
目標に近づく一つの方法ではないかなと思います。”

================

『はかりは自分の中だけ。
自分のはかりを使いながら
ちょっとずつ超えていくことを繰り返す』

=================

”生き様というのは僕にはよくわからないですけど、
生き方と考えれば、さきほどもお話しましたけれども、
人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

 あくまで測りは自分の中にある。
それで自分なりにその測りを使いながら、
自分の限界を見ながらちょっと超えていくということを
繰り返していく。

そうすると、いつの間にか
こんな自分になっているんだという状態になって。

 だから少しずつの積み重ねが、
それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。
一気に高みに行こうとすると、

今の自分の状態とギャップがありすぎて、
それは続けられないと僕は考えているので。

 

地道に進むしかない。進むというか、
進むだけではないですね。

後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。
でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。

 でも、それが正解とは限らないわけですよね。
間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど。

でも、そうやって遠回りをすることでしか
本当の自分に出会えないというか、
そんな気がしているので。”

==================
『成功すると思うからやってみたい。
それができないと思うから行かないという
判断基準では、後悔をうむ』

====================

”成功かどうかってよくわからないですよね。
じゃあどこから成功で、そうじゃないのかって、
まったく僕には判断できない。
だから成功という言葉は嫌いなんですけど。

 メジャーリーグに挑戦するということは、
大変な勇気だと思うんですけど、
でも成功、ここではあえて成功と表現しますけど、

成功すると思うからやってみたい。
それができないと思うから行かないという
判断基準では、後悔をうむだろうなと思います。

 

できると思うから挑戦するのではなくて、
やりたいと思えば挑戦すればいい。
その時にどんな結果が出ようとも
後悔はないと思うんですよね。



 じゃあ、自分なりの成功を勝ち取ったところで
達成感があるのかというと、
それは僕には疑問なので。

 

基本的には、やりたいと思ったことを
やっていきたいですよね。”

ヤロウ

====================

『体験しないと自分の中からは生まれない』
===================

”アメリカに来て、メジャーリーグに来て、
外国人になったこと、
アメリカでは僕は外国人ですから。

このことは、外国人になったことで
人の心を慮ったり、
人の痛みを想像したり、
今までなかった自分が現れたんですよね。

 

この体験というのは、本を読んだり、
情報を取ることができたとしても、
体験しないと自分の中からは生まれないので。”

================
『エネルギーのある元気のある時に
それに立ち向かっていく』

=================

”孤独を感じて苦しんだこと、
多々ありました。ありましたけど、
その体験は未来の自分にとって
大きな支えになるんだろうと今は思います。

だから、つらいこと、しんどいことから
逃げたいというのは当然のことなんですけど、

 

でもエネルギーのある元気のある時に
それに立ち向かっていく。
そのことはすごく人として
重要なことではないかと感じています。”

___________________

もっと推敲して投稿したかったのですが
これからレッスンなので
取り急ぎ、お送りします。

試験、がんばってください!!


教室スタートアップ講座Vol.1「教室計画書を作ることから始めよう」



教室風景

教室スタートアップ講座
人が喜んでくれることがうれしい、そんな思いをカタチにしたい!
いつかそんな教室を開いてみたいな。

そう思われた方が誰でもご参加いただける講座です。
(講座に通っていただくと、いつか・・・という
漠然とした気持ちは一切なくなります。)

第4期が昨年10月よりスタートしています。

 

Lesson1は、「教室計画書」を作ろう!です。
「教室計画書」ってなに?

 

起業する時に作る「事業計画書」の
教室版です。

 

「事業計画書」は、事業でお金を借りることがあれば
銀行に出しますが、通常では、個人でアロマ、ハーブ、
石鹸の教室をされる場合、ご自宅で始められたり、
公民館やカフェなどを時間で借りての教室形態が多いので

 

「事業」という概念がしっくりこなくて
「事業計画書」を作るというのは
あまりないと思います。

 

必要ではないけれど、あると自分の考えがまとまるので
モヤモヤさんこそオススメする計画書作りです。

 

人には見せないけれど、
自分(+関係者)はいつもみるもの。
それが「教室計画書」です。

 

まず何をするかというと、
「教室計画書」という名前なのに
教室を開くための云々はもっとずっと後。

 

基盤となるご自身の生活パターンと
うまくいっている部分、問題点を
見つめることから始めます。

 

たとえば

【現状で1番気になっていること】
をうかがすと、

時間に余裕がない
焦ってばかりいて追い詰められてからやる

こんなお話がよく出てきます。

【原因分析】
ダラダラとTV、携帯をみてしまう
夜が苦手(すぐ寝る時間がきてしまう)
通勤電車の時間(1時間以上)SNSをみてしまう
やることが多すぎてどこから手をつけていいかわからない
料理に手をかけて作りたいのにできない

バスタイムのお気に入り石鹸とバスフィズ

あれっ?って思ったかもしれませんね。
「時間に余裕がない」!?

 

原因を考えられるだけ出してみると、
「時間が全くない」わけではなく、
やりたいこと、やろうと思っていることに
使えていないからです。

===================

頭の中だけの時間、心理的時間だけが
一人歩きして余裕のなさを生み出している

===================

問題は、いろいろやることがありすぎて
何から手をつけていいかわからない

 

それが携帯に手が延びてしまう
根本的な原因です。

 

では、どういう状態が
【理想の状態】でしょうか。

●心身共にリラックスしてオフの時間があること
●優先順位が付けられていて
計画通りに準備ができている
●家事、家の中が快適である

 

まずは、行動計画を考えます。

→夜は苦手だけどお日様があると行動できる
→早起きをする 平日4:30
30分は自分時間にあて5時からは家の時間として行動する。

夜が苦手な人は、夜はさっさと寝てしまって
朝の早起きが時間を生み出します。

また、夜の時間が好きな人は、
夜に時間を充てればいいのです。

→電車の時間(1時間以上)は、電子版で本を読む
→帰宅後、家事をしながら電子版をきく(電子版は音声で聞ける)
→お風呂の時間をリセットタイムにする
→土日の料理を手をかける(平日は簡単でも自分を責めない)

こんな風に、教室計画書は、ご自分の基盤を
見直し、現状何か抱えている不安や問題、
気になることをご自身からはぎとって
目の前に出すことからスタートです。

自分を脱ぎ捨て、目の前に出す

目を背けたくなる現状も
向き合わうことで、
よりよく進む道標が得られ
ご自分の基盤を確立できます。

教室計画書は、誰に見せるわけでもないけれど、
ご家族には見せるといいですよ。

 

口では言いづらいこと
言えないことも

こんなに真剣に考えているという
理解につながります。

 

次回は、教室計画書の中身について
もう少し触れていきます。

____________________

もっと暮らしが好きになる
もっと自分が好きになる
QOLをアップするメールマガジン(→★★

_____________________

教室の旬なレッスン情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加