【教室運営】面倒くさいと思った時はこうしよう


ハーブの花束

突然ですが、めんどくさがりやですか?

私は、正直に申し上げてしまいますと
すご~くめんどくさがり屋です。

多分、私の横に並ぶぐらい、
または前にいるようなめんどくさがりは
いないんじゃないかな。

こういうことで人の前に
いたくはないんですが(汗)

だからこそ、人以上に
努力が必要で・・・。

めんどくさいと思うことを
どうやってやっていくか

そういうことに自然とアンテナが
たっています。

プロフェッショナル仕事の流儀に
出ていた宮崎駿監督が

「ああめんどくさい。めんどくさいけど
大事なことはだいたいめんどくさい中に
あるんだよなぁ」

「世の中の大事なことって
たいていめんどくさいんだよ。」

「めんどくさいっていう
自分の気持ちとの戦いなんだよ」

「めんどくさかったらやめれば?」
「うるせえな」ってことになる。
(↑自分の心と心の対話)

とつぶやく場面。

時代の流れ、今やコンピューターグラフィックス!と
いわれても、手がきに想いをこめられ、
たくさんの名作をつくりあげてきた宮崎監督。

そんなすごい人でも、
そうやって葛藤しているんだ。

めんどくさいことに
真正面から向き合っている。

自分におきかえてみて
どういうことがめんどくさいかというと

___________________

●同じことをコツコツ続けること
●苦手、嫌いな事
___________________

2つの共通する概念は、
「やりたくないけれど
やらなければならないこと」

いきなり完璧に(100)やろうと思うから
腰が重くなってしまうけれど、
少しだけ(最初の1)手をつけてみる
とりあえず5分だけやってみるとか。
(途中になってしまっても)

そして「これ」を行うことで得られる将来の姿
逆に行わないことによる将来の姿
想像してみる。


前者と後者のギャップが大きければ
大きいほどスイッチ入ります。

宮崎監督の言葉の
「めんどくさいことの中に大切なものがある」

これを心にとどめながら
(忘れないように冷蔵庫に
貼っています。)

大切なものを見過ごさないために
めんどくさいことに向き合う自分。

”めんどくさい星人”から
”理想の地球人”になる努力(笑)かな。

よい1日をお過ごしください。

今日は、オープンLaboです。
↓↓↓

オープンLabo


アロマワックスバー作り(新百合ヶ丘住友不動産住宅展示場)


プラチナミセスジャパンx東京ガス企画
住宅展示場講習会の依頼をいただき
フェールマヴィ ライフオーガニスタで
恋する石けんインストラクターの
武広千恵子先生が担当。

 

(アシスタントには同じくライフオーガニスタで
恋する石けんインストラクター候補である
堀部幸恵さんが同行。)

お二人ともお疲れ様でした!!

 

武広千恵子先生は、
石けんとアロマの教室
ボタニカルシャワー(→★★)を主宰されています。

 

4/29新百合ヶ丘の現場にて。

 

用意されたたくさんの花材から
好きなものを選ぶひとときは
とっておきの時間ですね。

 

お子さんたちにも人気!

思い思いの素敵なアロマワックスバーが
できあがりましたね!!

 

↑先生達の見本

ライフオーガニスタや
恋する石けんインストラクターは、
アロマやハーブの知識、
クラフト作りはもちろん、
日常に使いこなされている方々、

 

講習依頼があったときには、
自信をもって送り出しています。

 

皆さん、最初は、初めての外部講座、
初めての経験なんです。

 

そんなドキドキの中、
(準備も大変です。忘れ物ができない、
荷物が多すぎても運べない、万が一の備え、
その加減とバランス)

だからこそ1度、経験すると
かってがわかり、
今度はああしようとか、
これはいらないなとか、

反省とこれからの課題がみつかり
調整ができること、

また、皆さんが楽しんでくださる
笑顔に、ああまたこんな笑顔がみたいなって
次なる意欲に繋がります。

 

そしてその積み重ねが
自信となって自分についてきます。

 

私もそうでしたから。

 

今日は、川崎の現場でアロマワックスバー講習会。
講師も皆さんの笑顔が見れる楽しい時間です。
よい1日を。

_____________________
この投稿の写真は全て
武広千恵子さん、
アシスタントに同行してくださった堀部幸恵さん
撮影によるもので、この記事掲載にお借りしています。

 

 


恋する石けんインストラクター及び認定教室「手作り石けん教室メリッサ」谷山博美さん


恋する石けんインストラクターとして
恋する石けん探究コースを練馬区の自宅サロン
「石けん教室メリッサ」で3年以上開催されている
谷山博美さん。

「恋する石けん入門コース」も開催されるべく、
全6回ダイジェストで補講を受講され、
1つ1つのレッスンの流れを確認。

 

6回の実習から2回分ピックアップして、
ローズマリーを漬け込んだ
椿油とはちみつのシャンプー石けん。

 

カカオを豊富に含んだ石けんと合わせて。

 

前列左から2番目が谷山博美さん。

手作り石けん教室メリッサ(→★★

西武線沿線で恋する石けん入門コース~
探究コースが受講できます。
詳しくは、お問い合わせください。


教室スタートアップ講座Lesson6


教室スタートアップ講座4月は、
Lesson6【教室のコンセプト、講座内容にあった
伝える、伝わる写真の撮り方】でした。

「カメラ操作の技術」x「被写体と向き合う感性」

【技術】
露出、レンズの選択、ピント、ポジション、アングル
だと思いますが、スマホの場合は、露出と
レンズの選択ができないのでポジションと
アングルが要となります。

それを支えるのがやっぱりこれ!

【感性】

何がいいのか、何をみてもらいたいのか、
どう感じてもらいたいのか、(対象者に)

または自分がこれのどういったことに
心が動かされているのか
被写体の本質を自分視点でしっかり捉える。
これに尽きるんだと思います。

教室で使用する写真は、
(少なくとも私の範囲では)
芸術を追求する世界ではないので、

ここでいう【感性】って
持って生まれた才能や
もともと持っている
センスをいうのではなく、

いくらでも後から磨けるモノ。

 

【写真:恋する石けん入門コース↑】

教室スタートアップ講座の受講生が
レッスン受講後にこんな風に振り返って
いらっしゃいますので、ご紹介させていただきます。
____________________

第6回では、人に伝わる写真を
撮るための方法を学びました。

人の目の動きから考えたときに、
どこに主役を置いて写真を撮るべきか?

フレームと被写体の位置の合わせ方
空間の広がりを出すには
どのようにカメラをむけたらよいか?

被写体の配置のしかたと置くものの選び方
(無駄に色々なものを置きすぎないなど)

など、今まで気づかなかったことが
本当に多く学べる機会となりました。

今回はスマホでの撮影でしたが、
撮り方ひとつで十分に
人に伝わる写真がとれるということが分かり、
とても楽しく、そして今後に活かせる講座でした。

 

_____________________

1番印象的だったのが
ただとる写真ではなく、
何を伝えたいのか でとる意識が
今まで全くなかったので、
気持ちが入るとこんなにも
違うのか・・と自分でも驚きました。

メニューやレシピの時にも
感じましたが、
誰に!何を!伝えたい!という意識が
写真に限らず 大事なんだな~と再認識しました

これからは それらをふまえつつ、
少しでも早く写真を撮れるように
精進したいです!
_______________________

(これまで)良い写真は、綺麗な写真、フォーカスがあり、
背景が美しくぼやけた写真を撮る事と、
漠然と考えていた。

だが、・・・・。
以下略。

_______

次が気になりませんか?

そうなんです。
綺麗な写真を撮る講座ではないので、
そういう類は
専門の写真教室・カメラ教室にお任せして

この教室スタートアップ講座では、
写真を撮りながらご自身の教室で
展開されるであろう講座の核心をつく
そんな要素も含んでいます。

先ほどの続きの言葉は、
受講生の大きな「気づき」が含まれていました。

写真だけでなく、
これからを予期させられるもの。

気持ちのスタートアップは
大きいです!

次回は、発信の仕方(Blog等webメディアの使い方)

_______________

【おまけ】

横浜市中小企業支援財団(IDEC)では、
中小企業診断士の先生方による
女性起業相談や各種セミナー
イベントが多数あります。

 

このレッスンの翌日は、IDECでパネリストとして
赤レンガ倉庫で出展イベント、
事業計画書策定、メンター制度について
お話させていただきました。

 

冒頭、自己紹介の時に
「お料理レシピを作るように、
自分や家族の美容、健康、家を整える色々なものの
処方おこしができる人を養成している」
という話しをしたら、

 

その後の交流会で
「無形のものを扱っていらっしゃって
人を集めるって難しいと思いますが、
どのようにされていらっしゃるのですか?」
と質問を受けました。

確かに、「処方おこしができる人」って、
概念だけで、「これ」っていうものでは
ないですものね。

 

そもそも「処方」ってなに?
です。

暮らしに使う色々なモノ
石けんや洗剤、
気持ちを高めてくれる植物の香りで
作る香水、スキンケア品、
自然素材のメイクアップ品

はたまたハーブで作る
美容と健康のためのドリンクなど

季節や体調、肌状態
気持ちに合わせて
再現性のあるレシピ作り

できる人

 

「人」というからには、
いろいろなタイプの方がそれに
あてはまります。

だからこそ、通り一辺倒ではなく、
各家庭のオリジナルレシピが
生まれるわけです。

レッスンでは「カタチ」にする
実習を通して、目でみること、
触ること、香りをかぐこと、聞くこと、
感じて言葉にすること

そういう繰り返しから
うまれる道標があります。

 

心や身体の状態、
部分ではなく全体をみて
どういうアプローチをして
処方におこすのか。

 

それには、そのもの自体を
素直にシンプルに知っていることが
必要になってきます。

 

そして発想力は、
過去の蓄積された経験・体験が
ベースとなって

ゆっくりと押し出されるように
ピストンから玉がでるようなもの。

 

教室というサードプレイスで
知識の授受だけでなく
空間・時間・会話・場を
共有することで得られる変化です。

 

そんな教室作りをこれからも
していきたいと思っています!