それ教えて!って言われたらの教室スタートアップ講座1日完結


それ教えて!って言われたときの
教室スタートアップ講座1日完結を
開催しました。

 

お友達同士の間柄で、
石鹸をさしあげたり、
アロマの資格をとったというと、

 

「それ教えて!」って
よくあることですよね。

 

教えてって言われたことをきっかけに
楽しく集まる会を
継続していかれたいのか、

 

それとも、いずれはお友達以外にも
提供する「教室」というカタチに
したいのか・・・。

 

ここに申し込まれた時点で
後者であるという答えが
出ていらっしゃいますね。

 

今回、通常9回の
教室スタートアップ講座とは異なり、
10時半~15時まで1日完結のレッスンで、

 

実務としては、お友達に向けて
価格の提示の仕方、ブログの設定と
記事投稿の仕方など1つ1つ
ご一緒にやっていきました。

 

受講されたお二人の感想や
レッスンで考えられたことなどを
一部ご紹介します。

_____________________________________
★自分がどうありたいか、
どんな自分なのかということを
改めて考えさせられました。
得意なことがどんなことなのか、
それを生かす方法などもすこしずつ
見えてきました。

 

★ブログやSNSなどは完成した教室
でないとのせるのは恥ずかしいと
思っていましたが、●●●というのは
目からウロコでした。

 

★どちらかというとSNSは、
何をしているのかアピールする場だと
思っていたので●●●という考え方は
驚きでした。

 

★SNSばかりをみていると、
流行にながされている自分、
資格にこだわっている自分、
焦っている自分に気付かずに
行動しているのですが、
初心にかえり、自分の軸をしっかり
もてるようにしたいと思いました。

★ブログでその取り組みができるように、
ブログが自分に帰れる場所になれるように、
続けていきたいと思います。

★自分の軸をしっかりと持つことの
大切さを知りました。
今までそのようなことを考えず
全て漠然としていたが、
●●●を指針にすること
→これは本当に大事にしていかないと!!
と思った。

★●●●も今日初めて知り、
こんな方法があるのかと感激しました。
どんな人に伝えたいのかについて
もっとじっくりと自分に向き合って
考えていきたいです。

★実際にブログを開設してみて、
今までやった方がいいなぁと
考えていたことを実現したことで、
一歩前に進めた気がしました。

★ブログの中で、「いつか教室を開きたい」と
宣言したことで、なりたい自分(目標)を
掲げることができてよかったです。

★まずは短くてもなるべくブログ更新すること!!
習慣化させる。

毎日の中で、記事にすることを考える
→アンテナをはる事、みつけようとする。
自分と向き合う時間となる。

★値段設定=資料を作ってみる。

_____________________________________

いつか教室を開きたい、
漠然と思われた時が
教室準備の第一歩ですが、

 

この講座を通して、
一歩を「進んでいること」の
「カタチ」を残していただきました。

 

「思っている」だけでは、
顕在化することができにくく

 

何かあったときに
ふきとばされてしまい
自分を見失ってしまいがちです。

 

ですので、漠然と思った時に
顕在化する何らかの方法が
必要になるのです。

 

そのお役に立てたら幸いです。

___________________
【後記】

昨年のQOLアップレター
(私が発行しているメルマガ)
にも書きましたが、

 

インテリアショップ
「北欧暮らしの道具店」の店長さんの言葉に
「自分にできることをしようという勇気」
がありました。

 

何かを始めるとき、
まず自分にできることをする。

 

「できること」とは
「頑張らなくてもできること」
ではなくて、

 

“自分にとって大切で好きなこと。”
そうかかれていました。

 

「頑張らなくてもできること」は、
きっと、得意なことや意識しなくても
普通にできてしまうことですよね。

 

個人でお仕事をされている方にとっての
「強み」と言われるものかもしれません。

 

“自分にとって大切で好きなこと”

 

「好きで大切なこと」
ではなく、
「大切で好きなこと」

 

どちらも同じようですが、
少しニュアアンスが違います。

 

時には困難もあるでしょう。
乗り越えながら進めるのは、
自分にとって大切で好きなことだから。

 

「自分にとって大切で好きなこと」

 

こんな風に思考を巡らせたときに
出てくる言葉があるはずです。

 

フェールマヴィでは、

難しい知識や技術ばかりでなく、
暮らしの中の大切な思いや絆を
育むことが広がるようにと想いながら、

 

目に見えるカタチとして
「恋する石けん」を作り伝えています。

(恋する石けんは、アロマテラピー、
ハーブを季節に合わせて
半径30cmの”人と暮らし”にいかすことです)

季節や肌、体調、心の状態、気持ちを考え
処方おこしができる1番身近なカタチです。

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


恋する石けんインストラクター会Vol.4


インストラクター会、講師会
恋する石けんインストラクター会。
新たに2名の講師が加わって9名揃っての
初顔合わせ。

 

ラブマウテンソープ
まずは、前回のインストラクター会で作った石鹸のシェア。
それぞれ違う色、香りブレンドを
確かめ合いながら全色、違う香りを
手元におさめました。

 

ラブマウンテンソープ
手作り石けん教室メリッサの谷山博美先生が講師として
提供くださったレシピです。

 

この会では、講師経験の長さにかかわらず
全員が講師としてたつことをしますが
まずは、豊富な経験者から学び合うところからです。

 

恋する石けん大阪支部長
そして!恋する石けん大阪支部がたちあがり、
その先頭を進んでくださっている
Sakura Laboの桜井敬子先生。

恋する石けんは、新しいコース
季節がおりなす彩りを大切にしながらその想いを
デザインにのせることができるようになるように、
シンプルで基本の技術をわかりやすく盛り込んだ
「センスアップビジュアルコース」を開設予定。

presented by 敬子先生です。
お披露目までは、まだ少しお時間をいただきますが、
ワクワクとお待ちくださいね。
(各恋する石けんインストラクター教室で
受講できるようになります。)

 

インストラクター会後半は、
「化学性」「アート性」の2面から
香りのブレンドはみていきますが、
今回は、少し、「アート性」に寄って
言葉やStoryから香りを考える時間をとりました。

香りは、目に見えない、触れることもできない。
音として耳に入ってくるモノでもなければ
味覚で感じることがありません。

ですよね?

けれど、香りをあらわす言葉として
視覚的表現、触覚的表現
聴覚的表現、明暗、味覚表現など

言葉で
その香りを表現することができます。

豊富な香り体験とボキャブラリーをもつこと。

それぞれの教室の生徒さんが作った香りブレンドに対して
「いい香りですね」以外に
感じたことを先生の口から言葉で
たくさん表現してあげると

その生徒さんの想像の幅が広がっていき
感性も磨かれていきます。

 

Wood Story
Wood Storyという大テーマの中に
それぞれの先生方の香りのタイトルがついています。

10/25~27に開催する
馬車道でのイベントでは、
この香りのテイスティングをお楽しみいただけます。

また、私達が一丸となって
皆様に木の実が結ぶ世界にお連れする
恋する石けんのワークショップ
石鹸・香り関連グッズの展示販売等も行いますので
是非お気軽に足をお運びいただけたらうれしいです。

イベント詳細

木の実が結ぶ世界Wood Story(展示・販売・ワークショップ開催イベント)