【教室運営】引き出しの本当の役割


週2回QOL(クオリティオブライフ)アップレターを
読者の方にお届けしていますが、

 

月曜日は、週初めなので
1週間の目標になるような気づきを
促す「言葉」がテーマです。
(金曜日は、アロマハーブのライフスタイル)

 

今週配信した内容から抜粋しますね。

 

_____________________

(写真:恋する石けん卒業発表会)

 

「引き出しが多い」
人に対して使われる言葉。

 

この場合の「引き出し」って
なんだろうって考えてみました。

「情報をたくさんもっている」こと?
「いろいろな知識がある」こと?
「ものしり」なこと?

 

言葉のニュアンスは少し違うけれど
3つともほぼ同じことをさしています。

 

私が思う「引き出し」とは、
たくさんのこと(情報・知識・事柄)を
”収納して保存する”ことではなく

 

「引き出し」を作ることで、
際限なく目に飛び込んでくる情報を
「排除して遮断」することができるもの。

 

___________________
「引き出し」は
目に触れる情報を
次から次へと収納して保存するものではなく、
「排除して遮断」するもの。
___________________
そう思っているのです。

とはいえ、
排除して遮断するのだったら、
「引き出し」っていえるの?ですよね。

 

目指したいのは、
自分にとっての宝物の引き出し。

 

「引き出しが多い人」という言葉は、
いつどんな場面でどの引き出しをあけて
どうやってアウトプットをするかという
判断が的確な人
そういうセンスの持ち主。

 

「引き出しの数」の多さでは
ないと思うのです。

そういう風になりたいとおもって
恥ずかしながらこんなことやっています↓

_____________
宝物の引き出し作り
_____________

 

宝物の「引き出し」を作るために
インデックスをつけています。

 

自分に必要なインデックス。
3つだけなんです。

 

「人(家族)」と「ワクワク」と
「暮らし(心地よさ)」

 

アロマやハーブというインデックスは
引き出しには出ていません。

 

そして、仕事もプライベートも
引き出しのインデックス名は同じです。
だから本当に3つだけ。

自分がしている仕事を例にあげるなら
QOLという大きな海原に
「人」という船があり、
「ワクワク」という船もあり
「暮らし(心地よさ)」という港がある。

 

アロマやハーブは、
そのために私が必要と感じているものであり、
手作り石けんは、そのアロマやハーブが
日常使うケア用品として「カタチ」になったもの。

 

社名のフェールマヴィは、
「私らしい生き方、お気に入りの生活」です。

 

自分らしい生き方をするために
OOLをあげる
その1つのやりかたを
「見える化」したものが
フェールマヴィのレッスンです。

 

(この心を共有しているのが
認定教室、認定講師さんたちでもあります。
今年は、みんなで色々なことをやっていきます。)

 

最後に「引き出し」のこと
もう1度まとめますね。
_________________

「引き出し」の本当の役割
 ↓ ↓ ↓
【情報の遮断】
 ↑ ↑ ↑
【インデックスをつける】
 ↓ ↓ ↓
インデックスにひっかからないものは見ない
__________________

これぐらいはっきり
自分の中に記しておかないと
私は、容量オーバーになってしまい、
サクサク動けなくなります。

 

メルマガ読者さんからいただいた
フィードバックをご紹介させてください。

インデックスというと
「仕事」、「プライベート」というのが
まず浮かびそうですが、
「感情」部分がでてきて、そういう分け方があるんだと
それがすごく新鮮でした!

 

なるほど!
「感情」をいれているという部分が
新鮮だったのですね・・・

 

これは、無意識だったので
私もこのフィードバックをいただけて
よくも悪くも「違い」を認識しました。

 

「思考パターン」
お気楽だ・・・。(笑)

インデックスに何が出てくるかは
人それぞれ。

どんなインデックスがつくか。

ここで既に絞るわけなので、
大切にしたいものが見えてきそうですね。

 

______________________
5月12日(土)13:30から60分
教室の認定講師さんたち
(恋する石けんアロマインストラクター)が
松屋銀座でワークショップを開催します。
内容監修と裏方で私もおります。
ご参加お待ちしております!
先行予約受付(→★★


【教室運営】断る勇気



【↑自宅教室時代の写真】

 

クオリティオブライフの向上
QOLアップのために
身近な植物やハーブ、アロマ
キッチンにある調味料、食材・・・
それらを融合して

再現性のあるホームケアレシピを作る
教室をしていますが、

 

ここにくれば元気になる
やる気になる

自分にもできそう
目標ができる

 

そんな誰かにとっての
心の基地となるような場所。

そんなスクール&Laboであり、
アトリエでありたい

 

これは自宅教室時代から
変わらない思いです。

さて、今日は、
そういう思いがあればあるほど
ともすると自分サイドで
ものを見がちになってしまった
自分の経験をかきたいと思います。

_____________

人に何かを頼まれたり
お仕事をされている方であれば
仕事の依頼がきたとき、
仕事をお願いされたとき、

何も抱えていること、案件がなければ
受けられると思いますが

そうではなかった時、
(現状気持ち的、時間的
いっぱいの状態の時)
どうされていますか?

 

相手の気持ちにこたえたい
せっかく自分に頼んでくれているので
期待にこたえたい
私に頼んでくれてうれしい

 

その結果、
くるものくるもの
全部抱きかかえてしまう・・・

 

パッパッパッと
次から次へといい感じで
仕上げられるのであれば、
悩むことはないのですけれどね。

私の話は、ここからです。
11年、この仕事をやっていて
最初の時は、
頼まれることがうれしくて、
あれもこれもぜ~んぶ引き受けていました。

 

お金に予算の考え方があるように、
時間の見積もりが
まったくできていなかったから。

 

何も考えず、あれもこれも
引き受けてしまい・・・

 

できないことまで
簡単に返事をして
引き受けてしまいました。

 

もう、この先はいわなくても
わかりますよね。

 

期限ギリギリにやっぱりできませんとは
いわないまでも、

 

完成度が低い仕事になりました。
結果的に、頼んでくれた相手の
期待とは違うものだったと思います。

 

「せっかくお願いしてくれたのに、
断ったら悪いんじゃないか」

 

これは、エゴでした。

 

これって本当に相手のことを
考えていたのかな?

 

結果的に中途半端な仕事しかできずに。

 

早い段階で勇気をもって
断るべきだったと
どれほど悔いたことでしょう。

 

思い出すとこの時の胸の痛みまで
よみがえってきます。

______________
「相手を思うこと」は
「断る勇気」でもある
______________

と胸に刻んだ経験です。

11年を経て、ようやく自分のキャパを理解し、
それを保ちながら、時にはほんのちょっと
負荷をかけられる塩梅もわかるようになりましたが

 

「相手を思うこと」は
「断る勇気」をもつこと

 

何かが飛び込んでくるたびに
これを自問自答して、今の自分の状況を
みるようにしています。

 

もし、同じような場面にであうことがあったら
この言葉、思い出していただけたらと思います。

 

今週もいい1週間にしましょうね♪

_____________________
【編集後記】

新しいアトリエでのレッスンも
2週間が過ぎました。

___________________________
人生とは、日々の暮らしの積み重ね
暮らしの中身QOL(クオリティオブライフ)をあげることで
人生が変わります!
月:QOLアップの言葉
金:QOLアップの植物ライフスタイル
スクール最新案内とともにお届けします。




QOLアップレター登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

【教室を開くメンタル】国際女性デーに寄せて



【自宅サロン時代の写真↑】

今日は、3月8日
国連が決めた「国際女性デー」

【国際女性デーとは】

1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めて
デモを起こしたことがきっかけで、
1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で
「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱したことから、
同年「国際女性デー」と制定。

その後は戦争などで一時中止されていましたが、
1965年代後半からの女性解放運動などで再び関心が高くなり、
1975年には国連によって国際婦人年が制定され、
女性の平等な社会参加の機会を整備するよう加盟国に呼び掛けています。

イタリアではこの日、
「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、
男性が日ごろの感謝を込めて、母親や奥さん、
会社の同僚などにミモザを贈ります。
このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになりました。

愛と幸福を呼ぶと言われるミモザを贈られた女性たちは、
そのミモザを誇らしげに胸や髪に飾ります。
また、家事や育児から解放され、女同士で外食したり、
おしゃべりに興じたりして束の間の自由を楽しみます。

引用元:http://www.flowerservice.co.jp

 

自宅サロンをしていた頃と
今とでは、何が違うのかというと

 

サロンはサロン。
石けんやアロマ・ハーブというきっかけで
社交の場を提供するという感覚が8割ありました。

 

今でも、共通の概念を通じた
社交の場であることは変わりないのですが、
大きく違うのは、

 

「自分には価値がある」という
意識をいらしていただく方にはもっていただきたく
楽しみだけではなく、その2歩先まで
みていただけるレッスンを提供させて
いただいていること。

 

多くの方は、
「自分なんてまだまだ~」
「私なんてとてもとても~」

 

もちろん日本人の
謙遜ということがあるのですが、

 

心からそう思っていらっしゃる
感じなのです。

 

かつて、私がそうで、
すべてにおいて自信なし子、いや自信なし美。
(名前が真由美なのでね・・・
そこはどうでもいいですね。)

 

これがやることなすこと、
行動にあらわれるんです。

 

また、家庭に入って、社会との接点が
遠くなると、

 

この意識が勝って、
いざ何かをしたい、しようと思っても
行動にできないか、できたとしても、
自信がないので、
表に出すことができない。

 

中途半端な感じ。
なんとなくやっているような・・・

 

自分の中でモヤモヤ渦の中です。

 

あの人、またなんかいっちゃって~!
こんなことやっているの~?(ニュアンスが否定的)
こんなレベルでよくやってるね(同上)

 

そんな風に思われたらどうしよう?
と人の評価が気になることもかもしれません

 

そんな時は、
「自分には価値がある」
そう信じてください。

 

こんな素敵なこと教えてくれてありがとうと
いってくれる、思ってもらえる人が
存在します。

 

そのために努力されているんですもの。

今日は、ミモザを連れて帰りましょうか。

 

恋する石けん入門コース修了生の石けん↑
ミモザのラッピングアイデア、素敵でした☆

 

 
____________________________
★人生とは日々の暮らしの積み重ね
QOL=クオリティーオブライフ
そんな人生の質をあげるQOLアップレターをお届けしています。
(毎週月曜日:QOLアップの言葉
毎週金曜日:アロマハーブライフスタイル)



QOLアップレター登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *
___________


教室スタートアップ講座Lesson4


【旧Labo(アトリエ)では入り口のところに、
現在のLaboでは玄関に飾っている絵】

 

地球(季節)、木、草、花、動物、生物、ヒト・・・
どれをとってみても唯一無二の存在で
まぁるく繋がって生きている!

2月の教室スタートアップ講座は、
同じカテゴリーに紐付けられるもの
(アロマ、ハーブ、石けん、蒸留)を扱っていても、

 

それを手がけるヒトが違えば、
その色を出して、唯一無二のものであるということを
しっかり意識してもらいながら、
「講座の作り方」と「金額設定についての考え方」
についてお話しました。

 

講座を作る時、
あれも伝えたい、これも伝えたい、
こっちも必要、そっちもいれると喜ばれそう・・・

 

その講座の受講生とゴールイメージを
しっかり認識し、何をいれるかではなく、
何を捨てるか(笑)

 

これはちょっと粗野に感じる言葉
かもしれませんが、
「本当に大切なこと」が浮かびあがります。

 

「捨てる」ことで、「わかりやすくなる」
私自身は、そんな風に思って、
向き合っています。

 

また、教室計画書に逐次up to dateしていく
ご自分の教室のマニュアル書の作製、
宿題をシェアし、ディスカッションしました。

【以下受講生より】

以前の課題である、教室開講マニュアルの
申し込みや連絡方法、キャンセルポリシー、
緊急時の対応などを話し合い、

 

事前にルールやマニュアルを作ることの
重要性を改めて感じました。

 

レッスン料の振込み口座の開設や
キャンセルの場合の対処法など、
具体的な方法のお話しも聞くことができ、
とても参考になりました。

 

まずは円滑な教室運営ができるためのルール作り、
現時点で想定できるトラブル対処法、
キャンセルポリシー、お客様へのご案内などを
しっかりまとめてみたいと思います。

 

「講座の内容を考える」では、
誰を対象にした何が得られる講座なのか?

 

「金額設定」では、レッスン料を決めるにあたっての考え方。
参考にするものは何か。
先生の具体的なお話を伺えて勉強になりました。

 

次回は講座発表なので、今まで学んだことを取り入れながら、
自分の目指す講座を考えてみたいと思います。

______________________________

以上、こうしてすぐ次への取り組みを考え、
行動にしていこうとされています。

時間があくとどんどん意識は薄れていきますが、
土台の整った教室スタートアップに
欠かせないと思っています。
来月の発表を楽しみにしています。

この日は、いつものアトリエから出て、
カフェでのレッスン。
(大倉山 花屋&カフェフルールさん)

 

レッスン後は、皆さんとカフェランチを楽しみ、
いろいろな展望のお話しに花が咲きました。

 

「お店のポリシーがつまってる
メニューやPOPをみて
お客様目線でいろいろ学ぶことが多く
とても刺激になりました」

 

受講後にこんな感想もいただきました。

 

こちらのカフェを使わせていただく場面は、
あともう1回あります。

 

「講座の魅力を伝える写真のとり方」です。

 

カメラでも、スマホでも
考え方は同じ。

またその時に。

___________________________________
週はじめのメールマガジンの内容は、
「時間があったらやる?」でした。
ブログに抜粋しています。↓

【教室運営】時間があったらやる?


【教室運営】時間があったらやる?


 

【自宅教室時代のレッスン風景↑】

写真とは関係ありませんが、
「時間があったらやる」
ってよくいいませんか?

___________

時間があったらやる
___________

我が家の会話でよく出てきます。

そして、自分の中にも
この言葉、ちゃっかり存在しています。

「時間があったらやろう」
「時間ができたら始めよう」

そして私の場合、
決まってこうです↓

”時間があったら・・・”
→その時間はない

”時間ができたら・・・”
→その時間はできない

つまり、

「時間があったらやる」と
思っていることは、
できた試しがないんです。

時間があったらやる」は、 
時間がなかったらやらない」 
と言っているのと同じこと。 

きっと初めから
やるつもりがないんです。
(かなり優先順位が低い)

自分が気付いていないだけ。

・・・ということが
最近よ~くわかりました!


___________
「時間があったらやる」
___________

こう思うことは、
いったんは、「やらない」と 
脳の中から存在を出してしまうこと。

本当にやりたければ、 
優先順位をあげて、 
「if・・・」をつけない言葉で 
脳にインプットする。 

そのどちらかにすると
スッキリします♪

女性が家庭を大事にしながら
何か新しいことや仕事を始めようと思うとき、

(何もかも完璧にこなすという意味ではなく
家庭の状況・状態にあわせてその時どきで
働き方に柔軟性をもたせられること)

生物学的男女差で、
物事を並行して数をこなすことに
長けているのが女性。

あれもこれも・・・と思って
それがまたできてしまうことが多いです。

持っているものをそこそこで発揮。

ご本人が望むならそれも1つの形です。

私は、多くの方々と接してきていて
この方のここがいいなぁ、
あの方のここがいいなぁって

思うことが多く、そこをぐぐぐっと
引っ張り出したい!

そんな欲求にかられています。

今日のこのメッセージ
受け取ってくださったらうれしいです。

よい1週間を過ごしてくださいね。

【お菓子作っているみたいに
間違われる石けん作り風景↑】

_

人生とは、日々の暮らしの積み重ね。
暮らしの質(クリティオブライフ)をかえることで
人生が変わると思っています。

 

そんなQOLアップにつながる
活動者を増やしたく
「アロマライフスタイル」と
「言葉」をメールマガジンで、お届けしています。

毎週月曜日は、QOLアップの言葉
金曜日は、QOLアップのアロマライフスタイル
教室の最新情報とともに掲載

 

どなたに読んでいただいても
うれしいのですが、

 

◪よりよい教室作りをしていきたい!と思う
◪今の仕事にプラスになるようなことを考えている
◪資格取得後のその先を考えている
◪将来アロマハーブ、石けん講師になりたい
と思われている方に向けて
一生懸命かいています。

この仕事は、その扱っているそのものが
暮らしの一部分を生み出すもの。
だから、家庭とともにあるんです。

 

そういう思いのある方と
つながっていきたいなぁと
思っています。

 



QOLアップレター登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *