横浜人図鑑出演(jcom横浜)


横浜人図鑑出演写真

Jcom横浜
「横浜人図鑑」という番組に
出演させていただきました。

 

写真では、堂々と写っている感じですが、
収録本番は、しどろもどろ(苦笑)

 

ぶつけ本番、取り直しなし、
自分ではかなり言葉を選んで
話していた感じがします。

 

冒頭の歌も練習しておくんだった・・・
と色々な後悔がありますが、

 

そんな自分がどうのということより
このほんの19分間の番組に
沢山の方々が携わっていて

 

それぞれのプロの仕事ぶりに
感銘を受けました。

 

(収録前に30分ほど打ち合わせがあり、
アナウンサーの宮内さんを含めた
番組制作チーム6人の方とお話させていただきました。)

 

打ち合わせ中、
ガチガチに緊張している私に
ところどころ、和ませるような
ジョークがあちこちから飛んでくるし

 

打ち合わせの話しの中で出てきた
庭にあるハーブの話で、

 

何かハーブの写真があったほうがいいという
ことになって

 

私のブログから写真をとるのに
さっと作業をしてパネルにして
制作して出てきた迅速さ。

 

本番中の宮内アナの
言葉の拾い方、
視聴者にわかりやすくするための
相づちの中にある言葉の言い換え

 

とっさのアドリブ。

 

この中に身をおけたことが
とても貴重な経験となりました。

 

番組の中で話したことは、
過去の恥ずかしい話が
かなりのインパクトで

 

「ご覧下さい」と申し上げるのも
ほんのちょっと躊躇があります。

 

でも、先にFBでシェアした時に
覚悟ができました。

 

もうこわいものなしです(笑)

 

12/25放送分
番組公式ページでアップされていますので、

 

19分間、お時間のありますときに
ご覧いただけたらうれしいです。↓↓

末吉真由美 フェールマヴィ 代表


恋する石けんインストラクター会Vol.2


恋する石けんインストラクター会

恋する石けんインストラクターで、
認定教室の講師対象の勉強会

 

香りの講座でした。

 

恋する石けんインストラクター会

次回は、それぞれのブレンドアロマを付香した
恋する石けんを持ち寄ってのシェア会です。

このようにインストラクターの皆さんには、
年4回本校での勉強会
(知識・技術・指導面ばかりでなく、
教室運営、心のありかた、
悩みの共有と解消のヒントなどに対応)
と各教室で企画開催の勉強会を実施していきます。

 

来年はさらに認定教室が増えるので、
各先生のオリジナリティーをいかした教室作りを応援していきます!

_________________
【恋する石けんインストラクター会とは?】

卒業後、教室を始めた後・・・
その時どきで悩みが出たり、
教室運営の課題が出てくるものです。

1人で悩まない解決のヒントにするための集まりであり、
恋する石けん講座内容の勉強会でもあり、
講師力ブラッシュアップのための勉強会でもあり
ほっとするようなコミュニケーションの場でもあります。

 


教室スタートアップ講座Lesson1


教室スタートアップ講座
第3期がスタートしました。

 

これまでの「教室開講支援講座」は、名称変更、
「教室スタートアップ講座」として
新しくスタートしました。

 

”ママ友を集めてのお茶会のような教室ではなく、
時間単価を考え、きちんと教室として成り立たせたい”
という思いの方や

 

既にお店をお持ちで、
これから教室もやるにあたり、
”専門家の話よりも、実際にやっている人の話の方が
自分に落とし込みやすい”
とおっしゃる方、

 

また、資格をとった時に周りから
”教室やればいいのよ、まずブログをかけばいいのよ”
と言われたけれど、何をどう始めたらいいのか・・・
自分一人だと迷走してしまうからという方。

 

第3期は、このようなキッカケで受講をされる3名様と
9回のテーマで進んでいきます。

 

まず何を「やる」ではなく、
「考える」から始まります。

 

いきなりブログをかくことや、
いきなりホームページを作るといった

 

外側の体裁を整えるのは後で、
まずは内側をしっかり固めることが
大事です。

 

教室計画書を作りながら
自分自身の棚卸しや
行動計画、マインド設定、
教室マニュアル作成

 

教室計画書を完成させることは、
家族を応援し、される側にもなること
双方向へ好循環をもたらせるための方法でもあります。

 

主婦であった自分、
これまで〇〇ちゃんのお母さん、
〇〇さんの奥さんと呼ばれていて

 

これからはご自身のお名前や
「先生」と呼ばれるようになります。

 

教室やってみようかなぁ・・・と
知った人を集めて2,3回開講して

レッスンと名の付く
お茶会になっちゃった・・・

 

そういうのを目指すのか、
(それも1つの選択です。)

 

そうではなく、「シゴト」として
捉えられる教室にしたいか。

 

一言に教室を始めるといっても
最初に、どうありたいのか
進むべき方向が違います。

 

(この先もずっとこの問いは、
教室を開いた後も様々な場面で出てきます。)

 

第一回目はその確認でもありました。
(前者であれば、この講座では対応が
できないためです。)

 

これから残りの8回レッスンで
ゲスト講師の回もあり、
教室をスタートする土台と自信を
つけていきます。

 

どうぞよろしくお願いします!!