【開催報告】フィリピン人女性起業家招聘プログラム


blog_0086

横浜市では来年5月に開催される
アジア開発銀行(ADB)年次総会横浜開催に向けて
様々な関連事業を実施、

 

 

ADBが開発を進めるジェンダー平等に関連し、
フィリピンから女性企業家を招聘し、

 

 

横浜女性ネットワーク会議や
横浜ウーマンビジネスフェスタに参加
していただくなど

 

 

起業家としての学びや交流を深める場を
提供されています。

 

 

その一環として、今回、私の
展開している植物をいかした
石けん等のワークショップ、

 
横浜市女性起業家として意見交換者としての
登壇依頼をいただきました。

 

 

ワークショップの様子は
教室のことや「暮らし+植物」のことを
書いているブログ
(恋する石けん暮らしハーバル+)をご覧下さい。(→★★


【開催報告】アロマワックスバー講座(住友不動産住宅展示場)


aromawax

(画像:ラ・ルノンクルの理恵さん撮影)

PMJ様より受託しましたワークショップ
アロマワックスバー講座

住友不動産住宅展示場
青山・幕張 両展示場にて
ラ・ルノンクル主宰(アロマ・ハーブ・石けん・グルーデコ教室)
女屋理恵講師により開催しました。

当日の様子、詳細は、講師ブログでご覧ください。
●青山展示場での様子(→★★

●幕張展示場での様子(→★★


【開催報告】趣味から仕事と呼べるようになるまで


blog018a010bdc133fec4a581b5377bfe5d1278a533ea8

横浜市都筑区女性応援事業
「そろそろ本気のわたしプロデュース」
第1回目の講師として
「趣味から仕事と呼べるようになるまで」という
タイトルで9月13日登壇させていただきました。

 

 

定員いっぱいとなり、9月に入ってからの
お申込みはお断りされているという
職員さんからうかがったのはずいぶん後で、

 

 

9月に入ってからお申込みしてくださった
生徒さんがいらしたようなのですが
アナウンスが遅くて申し訳ありませんでした。

 

 

blog_0012

趣味から仕事へのターニングポイントが知りたい!

 

 

blog_0011

外は、ざーざーぶりの雨模様。
雨粒を含んだハーブを持って家を出ました。

 

1歳以上のお子さんの保育付き
「子供を預けるのは初めてなんです~、不安です~」
とおっしゃていた方が、

 

「預けていたことを忘れるくらいでした」
と職員さんにお話されたそうです。

 

慌ててお迎えに行かれた後の母子の姿に
昔の自分を重ね合わせ、ウルってきたり。

 

このハーブには、
この日のメッセージがこめられています。

 

blog_0014

ママ達の他に、社会教育を学んでいらっしゃる
早稲田の学生さんにも聞いていただきました。

 

これまで9年間の教室運営の中で
1年目転勤先で始めた教室
横浜に戻ってきての最初の4年間の教室運営、
その後の4年間の教室運営

 

何が違うのか。
私の場合でいうと
ターニングポイントは、
「経営する」という意識がでたとき。

 

「小さい教室だから」とか
小さい、大きいということは、
ま~ったく関係なくて

 

どんなに小さかろうと
或る程度不特定多数をイメージして
教室をするということは、

 

(少なくとも公開ブログで一般に向けて
募集記事をかいているのであれば)

 

「業」という意識をもつだけで
すぐさまそれは「趣味」ではなく、
「仕事」になります。

 
(状態は関係なく意識の問題だけなのに。)

 

仕事にしたい人は、まずはこれを
すればいいと思います。
(脳からコントロールしていく)

 

「意識」は「行動」に直結しますよね。
私、売り上げもほとんどないにも関わらず
青色申告者として開業届を出しました。

 

書類をダウンロードして、
記入して税務署に持っていくだけ。

 

ハンコをポンと押してもらって
個人事業主として開業という
事実ができました。

 

今は便利な世の中。
ネットで検索すれば
なんでも教えてもらえます。

 

最初はひとつひとつ
ネットで調べたり、
書籍を購入して自分で調べて
行動におこしていました。

 

それから数年後に行政の起業塾に
通って、経営の基本の「き」を
学びました。(たまご塾です)

(その業界での専門のスキルや知識、
芸術的センスがいくらあっても
それをうまくアウトプットできなければ
自己の中だけで完結するもので
世の中に出ていかない。

上手にアウトプットする方法も
経営を学ぶことを通して身に付きました。)

 

最初に明らかにして
おかなければならないことは、
それをして何を目指すのか。

 

「趣味」の範囲を超えたくない人も
いらっしゃると思います。
 

自分の得意をいかして
お友達限定の教室を開いて
楽しくいきいきと暮らしたいわ(^^♪

それはそれでいいんです。
(生活していく基盤が
ある場合)

 

あるいは、こんな方も
いらっしゃるかもしれません。
「人と人をつなげる場づくりをしたい」
「コミュニティーを作りたい」

 

場づくりも運営していくには、
必要な金銭が発生してきます。

 
人と人の触れ合う気持ち、
場のエネルギーで
まかなえる部分が往々にしてある半面、

遠慮などが生じてきて
思った方向へいきづらくなったり

もっと活動を広げられるチャンスを
見逃してしまう時があったり・・・。

「自分は今どうしたいのか」
ここに正直になること、

 

その次に、「そのためには
何が必要?」って問いかけるんです。

 

そうはいっても、
いったん家庭に入り
子育てにまい進、
特に何かのスペシャリストでもないし・・・と
自信もなく、どうしたいかなんて
わからない。だけど・・

 

子供さんの成長過程、
パートナーの状態で
おかれる境遇も様変わりします。

 

その都度、自分と向き合って

 

背伸びすることも
意固地になることもなく
淡々と目の前のことを
こなしているうちに

 

決断すべき時がきて
行動できるときがくるはずです。

 

(意図せず、めぐりあわせから
自分が何かの役割を与えられる時があるかも)

*****

前置きが長くなりましたが
セミナーでお話しした内容は
福岡で始めた教室のきっかけから
現在に至るまで9年間の話。

 

後半は、皆さんからいただいた質問で
その場にいる方がたと
多くの悩みを共有しました。

 

一部抜粋します。

 

●自宅でやっていると生徒さんとの距離感が
難しい。(ランチのお誘いを受けたら
どうしたらいいか)

●自宅教室に、知らない人がくるということで
家族の理解をどうとりつけたらいいか

●アロマもそうだが、お花や料理など
たくさん同業者がいる中でどう差別化をはかればよいか

●クレーム対応はどうしているか

●値付けの仕方に悩む。

●自宅だと、どうしても時間通りに終わらず
ズルズルにのびてしまう。
(レッスン後のティータイムが長くなってしまう)

 

次に、全員で共有した悩みに
ワークを入れる時間がちょっと足りず

 

私が経験してきた中で
どのように考え、やってきたかを
またはやっているかを
お話しさせていただいたのですが

 

何かヒントになったり
すぐ明日からはじめられそうなことが
あったでしょうか。

 
blog012880d82247d6129d3201fe1aa284539962e260e8

写真:区役所の職員の方、
企画協力された「つづママ」さん達。

ありがとうございました


【開催報告と声】サロネーゼという生き方から新しいステージへ


 

blog15053345_1135288446549087_1509213789_o

花屋&カフェ ラプティフルールさんで
第29回大倉山ビジネスサロンの講師として
お話させていただきました。

 

 

2年ぶりにまたこの場に
たたせていただく機会。

 

 

ラプティフルールさんのオーナー
今村さんとの出会いは、

 

 

私が福岡から戻って間もない頃
こちらのカフェスペースをお借りして
ワークショップさせてもらいたいなって
思い、アポをとって、お会いしたところから。

 

 

ところが、いざどんな風な準備が必要で
どう講座を外でやっていくのか
わからないまま気持ちだけで飛び込んだので

 

 

具体的な講座案を生み出したり、
イメージをわかすことができず
(今村さんからアドバイスはいただいたのですが)

 

 

うみの苦しみで、余裕もなく、
自分からうかがったにも関わらず
結局その先のお話を自ら
進めることができませんでした。

 

 

それから約1年半後、
自宅教室で経験を積んで
ほんの少しレッスンさばきが
板についてきたころ、

 

 

2度目のアポ。

 

今村さんは私の履歴書を
大事にとっておいて
くれていました。

 

ようやく、1年半の時を経て
6回コースのワークショップを
開催するに至ったわけなのですが

 

当時、今村さんと打ち合わせする中で

「いつか末吉さんの教室ノウハウを
教えてほしいという人が出てくるよ、
後に続きたいと思う人がいるはずだから
そういう講座をやるようになるよ」

 

な~んて占い師みたいなことを
言われました。

その時は、「ありえない~」と
全否定でそんな自分の姿を
想像だにしませんでした。

 

それから2年後でしょうか、
本当にそういう声をいただくようになり

 

その声にこたえるように、
教室開講支援講座が誕生

 

15人の生徒さんが
この講座を受講して

 

教室を開業、またはその先の
ステップアップにつなげて
いらっしゃいます。

 
特に、外部依頼ワークショップ講座は、
生徒さんにお任せするシステムを整え

準備やワークショップの進め方
レシピアドバイスなど
することで、

不安を払しょくして、
経験を積んでいただくことにも
力を注いでいます。

(私が過去、自信がなくて、
できなかった経験をしているので)

それから私自身は、主に行政・大学関係で
セミナー依頼をいただくようになり

 

これまでの経験を
お話するという立場で
登壇させていただくようになりました。

blog15034144_1135288443215754_1370537946_o

さて、今回のビジネスサロンでのお話ですが、
「サロネーゼという生き方から新しいステージへ」
というタイトル

 
アトリエ開設の理由と
私なりのこだわりについて
お話させていただきました。

 

浮き彫りにするためには、
まずは、この仕事に至るまでの経緯
ぐっと過去までワープ

 

アロマとの出会いから
福岡で教室を始めるに至るまで
どうやって運営していたか

 

そして、
横浜に戻ってからの最初の4年間=趣味の延長
次の4年間=ターニング
アトリエオープンに至るまで
アトリエオープン後の変化
私なりのこだわり

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

私の仕事は、植物を取り入れて
美容と健康に役立て
豊かな暮らしの引き出しを増やすこと
その1つにあるのが恋する石けん®です。

 

 
恋する石けんは、
アロマテラピーの考え方を
ベースに、
 

自分を含めた使う人のことを
まるごと見つめて(ホリスティックに)
作る
 

どういうことかというと、
不調の時は、そこに対処するのではなく、
そこに至る背景をみる、考える、
 

家族の顔を見て
「最近、ニキビが増えたなぁ
寝不足続いているし、食事も脂質過剰気味かな」

 
「食事はこうしよう、
石鹸は、過剰油脂(石鹸にわざと残すオイル分)
をすくなくして、ドクダミのinfusedオイルを使おうかな
好きな香りの組み合わせで早めに寝させよう!」
とか、

 
自分の場合だったら
「こんな気持ちになりたい、
こういう泡でこういう香りで
こういう肌あたりの石鹸がいい」

 
それならこの材料!
この配合、組み合わせ!

 
こんな風にイメージし、
形にできるんです。

それはね、お料理でいえば
じゃがいも、にんじんがキッチンにあって
それぞれの野菜の知識はある。

だけど、それをカレーに使うのか、
ポテトサラダに使うのかって

どんな状況でどんな場面かで
包丁の入れ方も、カットの仕方も
変わってくるでしょう。

ポテトサラダにしても
マヨネーズをメインにするか、マスタードも使うか
ヨーグルトを使ってマヨネーズを減らすか

食べる人の好み、健康を考えたりして
カロリーとか気にしながら調味料を
選びませんか?
それと同じなんです。

アロマ・ハーブの知識
それを石鹸なり化粧品なり
何らかの形にする知識

それだけでは恋する石鹸は
作れなくて、

いつもそこには
使う人の存在が
見え隠れしています。

 
選ぶ材料、植物のエッセンス
それを考えているときは
まるでその人に(自分も含め)
恋しているかのよう。

だから
「恋する石けん」!
 

 

これは、植物の私達にとって有用な成分を
使わせてもらっているので、

 

その植物を守っていくことも
同時にしていかなければ
と思っています。

 

私自身は、自然保護活動に携わり
(売上のほんのごく一部ですが
寄付という形。ある協会をやめたので、
その協会に納めていた年会費をそちらに
あてているので、無理のない範囲です。)

 

生徒さんには、植物と暮らす楽しさを
あらゆる形にして見せてお伝えすること。

 

実際に体験し、使う楽しみが広がると
育てることに興味がわきます。

 

恋する石けん以外にも、
自分で育てた植物を
飲んだり、食べたり、
スキンケア品や抗菌スプレーにしたり・・・。

 

「育てたくなる」気持ちから
土に触れる。栽培する。
それがやがては「環境」への関心に
つながるかもしれません。
目が向くということだけでも。

 

すぐ足下の暮らしを
大切にすることで。

 

そんな思いを片隅に抱きながら
教室運営しています。

blog15053274_1135288449882420_1169892764_o

ご参加くださいました方々からの
一部感想を掲載させてください。

 

【教室の生徒さんC様より】↓

いま、こうして月に60名を超す
生徒さんを抱える先生が
まずはじめの第一歩を踏み出したところからのお話、
そして福岡時代のこと。
私はいま 先生の福岡時代にいるのだなぁ~~と
(まだそこにも立っていない・・・)

 

とてもとても興味深くて
スリリングで面白かったです。

 

ブログを通して できた生徒さんも
なかなか定着しないころが 先生にもあったこと。
要望があったのに 募集をかけると、
申し込みがなかったりもしたこと

 

先生でも、はじめの一歩はそんなことだったのだ~と
安心してしまいました。

 

それから アトリエを始めるに至った経緯も
とても面白く、メリットとデメリットの
すばらしい仕分け分析に感心。

 

現在のアトリエを 体験している私は
ものずごい臨場感でした。

 

なんだか、先生が
アトリエにきて
のびのびしていらっしゃる感じはありましたが
なるほど、こういうことだったのか~~と。

________________________
【N様より】
サロン形式と外部に教室を持つ違い。
外部教室にしたことで、
社会評価が変化すること。
誰に向けて何を発信するのかの視点
家庭と自分の仕事、
生徒さんとの関わり方、
社会との関係や位置付けを
どう捉えて教室を運営しているか
が特に勉強になりました。

また、近々に控えたイベントの相談にも
乗っていただきありがとうございます。

今後、何を自分の中で詰めて行けば良いのか
気づきが沢山ありました。

異業種の方々の集まりであることも
大変刺激になりました。

主催者の方のフォローも親身で励まされました。
参加して良かったと思いました。

_______________________

【T様より】↓
経営を意識した4年間の話のところが
一番私にとっていい話でした。

 

誰に向けて発信しているか、
つまりターゲットをしっかり定めること、
数字で物事を考えること、
そしてPDCAはやはり大事なんだということ。。

 

わかっていたけど実行できてないことを
反省するいい時間でしたし、
こうして実際に成功されている
ご経験者のお話をきちんと聞けたのが
本当に初めてでした。

 

私はコンサルタントを受けていた
6ヶ月間のみPDCAをやって
その後は何も振り返らずでした。

 

なぜならば、コンサルタントを受けていた時に
成功事例が見れなかったから
どこまでやるべきかが見えなかったのです。。

 

私のようなコンサルタントを受けても
まだまだ悩み多い女性起業家さんが多いと思います。
その方たちにはこのあたりの話が
とても響くかもしれません。

_______________________
【I様より】↓

主婦や女性が仕事を始める、
そこにある心のブロックや、
趣味の延長としての教室など、
とてもわかりやすく、
大きくうなずきながら聞いていました。

 

私の課題は発信。
誰に向けて、どんな言葉を使って、
たくさん指摘していただいた気分です。

 

好きなことをさせてくれている
家族に甘えてしまって、
手を抜いていることを反省したり。

 

何より行動力と継続力には
感服しました!

 

そして、植物の持つ力も実感。

 

セミナー中、ずーっといい香りで癒され、
ハーブティーも
あんなにいろいろなものが
入っているとは思えない、
とても美味しかったです。
また、飲みたいくらい。

 

植物は枯らしてしまったり、
ほったらかしにしてしまう
タイプなので、反省。

 

花壇で伸び放題のラベンダーの香りを
楽しむ余裕も持ちたいと思います。

______________________
【K様より】↓

やっぱり、一番大事であり、
私に不足している部分は
「経営」という意識。

 

これは今日の参加者は
ハっとさせられた方も
多かったと思います。

 

何事も結局は
「基礎」が大事で基礎があるからこそ、
発展できるという気づきが多い内容でした。

あとは、サロンスタイルと
学びを両方を行うバランスの良いこだわりは
共感できている部分であるんだけど、

実際、この両立が出来ない人が多いと思う。

あとは、SNSの使い方が迷っている人も多いし、
私自身、10年前のブログだけで集客できたころと
今とでは全く違うブランクの穴埋め、

キャッチアップに今必死なので迷っています。
ワードプレスやフェイスブック、
インスタの位置づけも今後どうするかって
皆さん知りたい部分だと思うので、

ここも今日は入り口として
教えてもらえたのはありがたかったです。

______________________________________
【K様より】↓

感想を一言でいうと
「まみさんの歩まれた道は、
私たちに勇気を与えてくれました。」

家庭をもつ女性の働き方は様々です。
でも、”足元を大切にしながら”社会と関わりを持ち
人の役に立ち、その評価をいただく。

まみさんのスタンスは、
わたしの理想そのものです。

わたしは、この足元を大切にすることこそが
女性が欠かしてはいけないことだと
思っています。

足元=暮らし=家庭

これは、偏見かもしれませんが
女性のもつ母性ならではで、
自然に発揮されるべきことなのだと^^

家庭は、この母性で
守られていなければなりません。

まみさんは、その素晴らしいモデルを
示してくださいました。

また、様々なエピソードも
私たちが努力をすれば
手に届くように思える”まみさんの語り口”が
勇気を与えてくれました。

夢を抱き、それに向かえる幸せを改めて感じながら
帰路についたのでした。

また、がんばれます!
まみさん、ありがとうございました。

 

15044837_1135288459882419_1805856448_o%e9%9b%86%e5%90%88

ご参加くださった皆様また、感想をお寄せくださいました方、
ありがとうございました。

 

主催者のラ・プティフルール
オーナー今村奈美子さん(→★★
共催のキャリアコンサルタント島谷美奈子さん(→★★

 
島谷さんは
参加者の皆様からの質問が
一段落した頃に、

 

参加者の皆様が知りたいと思われることを
(参加者自身は、とっさに思いつかないこと)
質問されたり、投げかけをされ・・・

名ファシリテーターでいらっしゃいました。
(いつも感じます。)

今村さんは、経営者の先輩として
厚いフォロー

大変お世話になりました。
ありがとうございました。

 
_______________________________
【ブログ掲載ありがとうございます。】↓
紅茶教室主宰 小林真夕子さん(→★★


【セミナー案内】サロネーゼという生き方から次のステージヘ


blog_4265

【自宅サロン教室時代の様子👆】

セミナーのお知らせです。
第29回大倉山・女性起業家ビジネスサロン

 

 

タイトルは、
「サロネーゼ(自宅開放型サロン主宰者)から
新しいステージへ」

 

転勤先福岡で始まった自宅サロン教室。
今年の4月、アトリエをオープンした時は、
方々から驚かれましたが、

 

 

”アトリエオープンの理由と
私なりのこだわりについて”
お話しさせていただきます。

 

 

2年前に「遠くても通いたくなる人気教室の秘訣」という
タイトルで、こちらで登壇させていただいてから

2年余りがたちました。

自宅サロンとは別にアトリエをオープン。

初めてのドキドキの不動産契約その他、
一主婦だった私が、一個人事業主を
実感した瞬間です。

(自宅サロンは、税務申告の時だけ
実感していましたが・・・。
それ以外は家は家でした。)

 

2年の間に、様変わりした
私のサロン運営ですが、

 

大切に思っていることは変わりません。
2年前の話の続編のような形になりました。

 

自宅で教室を開きたい方、
すでに開いて数年経っているけれど、
この先どうするか悩まれている方など、

 

ヒントや気づきを得られますように
赤裸々お話しさせていただきます。

 

 

ffae6de0b9e387ce05968fe646e917f6

【2年前の写真です↑】

日時 2016年11月15日(火)11:00-13:00

11:00-12:00 セミナー講演
12:00-13:00 ランチ交流会
セミナー代金 ¥3.000(ランチ代別途)
対象  女性経営者 起業準備中の女性の方
*紹介による男性ゲストの参加も可

場所:大倉山 花屋&カフェ
ラプティフルールさんにて。

お申込みは主催者まで(→★★

2年前のセミナーはこんな内容でした↓↓↓

【セミナー報告】遠くても通いたくなる人気教室の秘訣