【教室運営】目標の見える化の大切さ


日々の暮らしの中で、
これが「ゴール」!とはっきりしたものって
なかなかないものです。

 

 

私は、山に行くことそのものが
開放状態になれることと
美しい山肌にゾクゾクしたり、

 

 

昔海底だった岩が
山のいただきになっているようなこと、
 

 

地球の壮大な歴史を
すぐそばで感じられること、
 

 

ここでしか出会えない
動植物との遭遇などの魅力で

 

 
いつの間にか趣味の1つになっていますが、

 

 
目指すべきゴールが決まっているところ
これも大きな魅力です。

 

 
途中の困難があっても
向かっていけるパワーの原動力だから。

 

 

(植物の観察で道草はあり、
どのルートを使うかという
選択をしなくてはならないけれど、
最終的に行く場所は1つで、
それに対しては迷いがないこと。)

【八ヶ岳縦走 赤岳、中岳、阿弥陀岳↑】

 

 

「アタック」
登山用語で頂上を目指す時に
使われる言葉で聞いたことがありませんか?
今は、「サミットプッシュ」が
一般呼称になっていて、

 

 
言葉の意味が
本来の行動とより密接に
結びついたものになっている感じがします。

 

 

【仙丈ヶ岳にて↑】
以下、東洋経済オンラインからの転載です。
(取材・文/横川良明氏)

_____________________________
プロ登山家 竹内氏の言葉↓

攻撃するのではなく、
頂上に向けて自らを押し上げていく
この感覚はとても大事です。

攻略だけを目的としても、その先はありません。
目標は与えられるものではなく、
自ら見つけるもの

自ら目標を打ち立て、
そのために足りないものを補いながら、
自分を頂まで押し上げていく。

そうすることで、その過程の中で
また新しい目標を見つけることができるのです。
終わりなんてありません
”プロ登山家になると宣言したときに、
一生登り続けていくことを決めた”

響きました!
______________________________

【燕岳ー大天井岳 縦走】

 

私のような趣味の山登りであれば
終わりはあるかもしれませんが、
(疲れちゃった~や~めちゃお!とか。笑。)
 

 
プロの登山家にとっては、
一生登り続けるという覚悟で、
終わりなんてないわけです。

 

これは、教室をしている私達も
1つの指針になりませんか。
 

 
お金をいただいて何かしらを提供しているのであれば
大きいとか小さいとか関係なく、
 

 
自宅だから、隠れ家的に・・とか
外で場所を借りているからとか
 

 
そんなことは全く関係なく
同じ土俵の上にある「プロ」

 

それを自分がどう捉えているか
ここに尽きると思います。


【北岳肩の小屋を眼下に↑】

 

登山家の竹内氏は、
「プロ」になると決めた時に
一生登り続ける覚悟を決めた
 

 

その時の気分で
右往左往することがないのは、
「覚悟」とプロとして生きるという「使命」そして
それに向けての「目標」が定まっているから。

 

 

【北岳から見たご来光↑】

 

 

家庭を中心にすえて、
その時にできることで誰かの役にたてたら
ということで始めた教室だからこそ

 

きちんと目に見える形での
「目標」が必要です。
やっぱり、無理かも、自信ない、

 

 

周りがすごい人ばかり!
自分にはお門違いだわ

 

 

とせっかく抱いた思いを
自分で蓋をしちゃっていませんか?
”思い”という名の
土にまかれた種があるならば
蓋をせずに

 

 

肥料を与え、水の
あげかたのコントロールを
身につけていくことで
芽を出せるんです^^

 

 

子供さんがまだ小さい時は
急な発熱や学校行事等で

先々の予定が立てられない
 

 
土日の自宅レッスンは難しい
 

 
こういったことにも
目標をもつ「見える化」することで
ほとんどがクリアになります。
 

 
自分でやり方を見いだすことが
できるようになるのです。
 

 
迷った時は、
登山家の竹内氏の言葉を
思い出してください。
 

 
_______________
1人では、なかなか難しいな、
目標の見える化ってどうするんだろう?
 

 
そんなときにお役に立てる講座が、
教室スタートアップ講座です。
 

 
教室スタートアップ講座では、
目標の見える化として
教室計画書を作ります。
(迷いなく、教室を始める、運営していくための
大事な”見える化文書”です。)
 

 
アロマ、ハーブ、石鹸教室
特有の準備のこと
お金の取り扱いについてことなど
 

しっかり落とし込んでいきます。

いつでも募集しているわけではなく、
募集案内等は、いきいきと暮らすためのQOLアップレター
(レターテーマ
 月:QOLアップの言葉
 金:QOLアップのアロマハーブライフ)
の中でお知らせしています。



QOLアップレター登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

レッスン・内容・作品を模倣された時


7月のメルマガ(ライフオーガニックレター)に
かいた内容に反応してくださった方が多かったので
ブログでもシェアしたいと思います。

 

 

読者さんからのご質問(ご相談)です。

 

 

_________________________
読者さん(Mさん)は、自宅で
ある教室をされていらっしゃいます。
教えた生徒さん(仮称Aさん)が、そのレッスンを
何の断りもなく同じように
ご自身の教室で提供されたようで、
そういう場合はどうしたらいいですか。
というご質問でした。
_________________________

1つの植物にたとえてみると、
Mさんは、その花(レッスンという形に提供したモノ)
を生み出すために

 

根に水やり、栄養分を与え、
葉を緑にしげしげとさせ
根を太くしてきたのですよね。
そしてようやくつけさせた「花」

 

それを”美しい” ”素敵” ”ほしい”と
Aさんが花だけを切ってきて
ご自分の花瓶にさしている状態だと思います。

 

愛でるだけ、
花瓶にさした花は、短い命。

 

そのお花が終わってしまったら
花瓶にさす花を
また、他から見つけてこなくてはならないんです。

 

それに引き替え、Mさんは、
肥えた土にご自身で根を生やし
見事な花をつけたわけです。

 

花だけを切ってきて
花瓶にさした花とは違います。

 

切られた花があったとしても、
肥沃な土にしっかりと根が張っていて
丈夫な茎や幹があり

 

次から次へと花を咲かせるエネルギーと
パワーがあるんです。

 

 

気にすることなんてないんです。

 

Mさんの大事なエネルギーを
別のことに消耗したらもったいないです。

 

Mさんは、たくさんの花をつけられる
土台があるのですから

 

自信をもってくださいね!

___________________

【編集後記】

昔、ドイツに行った時に車を運転し、
途中のガソリンスタンドで道を聞いたら、
日本からようこそと言って記念に持ってってと
大きなビアグラスを1つ持たせてくれました。

先日そのグラスを落として割ってしまったのです!

思い出の品なのに・・・としょぼ~んなのですが
所有している物質的な「モノ」っていつかはこんな風に
こわれたり、なくしたり、
または奪われたりするかもしれない。

でも、経験したこと、体験したことは
絶対になくならないし、
誰かに奪われることはない、
自分だけの固有のもの。

経験、体験をしっかり自分自身のものにして、
大切にできていればそれが財産になります。

よく食べ、よく学び、
そして経験・体験をたくさん積み重ねて
豊かな気持ちで過ごすことが
私の日々の目標です。


アロマの資格取得をして教室を開く!【1】


アロマの資格を取得され
(AEAJとは、また別の協会のアロマ資格)
ご自身で教室を開きたいという思いがおありの方が、
先日、教室にご相談にいらっしゃいました。

 

周囲からは
「やっちゃえばいいのよぉ~!」と
「やってから動けばいいじゃない」
「まずはスタートすること、
それから考えながらやっていけば」

 

などと言われるそうなのですが、

 

ご本人は、その
「やっちゃう」
「まずはスタートする」

 

ということがピンと
こなくて・・・とおっしゃいます。

 

つまり、
「どうやっちゃえばいいのか」
「まずのスタートってどうするの?」

 

ここに戸惑われているとのこと。

 

そして、資格をとったからって、
まだまだ自分には経験がない、
実体験が伴っていない

 

そんなお悩みを払拭するために
教室開講支援講座を受講したいという
ご相談でした。

 

【↑大倉山花屋&カフェで開催されている
ビジネスサロンでお話させていただいている場面】

 

私自身は、ブログがきっかけで
始まった教室で、見切り発車同様ですが

 

きちんと仕事として
始めるために

 

いろいろなことを
考え、カタチにした
あるターニングポイントがありました。

【横浜市都筑区役所でお話させていただいた時に
使用したパワーポイント↑】

最初は、子育てしながら自宅教室をして
子供が大きくなったら、

 

福利厚生の整った会社に
サラリーウーマンとして復帰しようと
思っていて、

 

いよいよその考える時期。

 

どういう将来を歩むか
今一度考えました。

 

そこがターニングポイントです。

【FM横浜出演。仕事のこと教室のことを
インタビューを受けた時の写真↑】

 

そのようなタイミングで
偶然ですが、生徒さんから
いただいた便せん3枚分びっちりと
文字で埋まったお手紙。

 

その中にあった言葉の数々に
私の選択肢が浮かび上がってきました。

 

こんなやりがいを感じる仕事は
私にとって、他にあるだろうか。

 

会社に入るのではなく、
自分という事業主になること

 

子供が中学に入るタイミングで
「意志」を「決意」というカタチで
文章にまとめました。

【JICA日・ア女性企業家交流会にて
プレゼン場面↑】

 

ブログの書き方とか
HPの作り方とか

 

そういうことも
大切なのかもしれませんが

 

まずは、中心となる部分が
地面にささっていないと

 

グラグラしてしまいます。

【明治大学女性のためのスマートキャリア
プログラムでお話させていただいた時に
使用したパワーポイント↑】

 

アロマ・ハーブ・石鹸教室を開く
具体的な実務

 

運営していくためのノウハウを
お伝えしていきます。

【日経BP社雑誌エコマム
教室取材と自宅で教室をすることに関して
インタビュー掲載↑】

11/28(火)14時~16時
第1回目レッスンを
体験レッスンとして受講いただけます。
(申込→★★)内容詳細(→★★

 

【受講生の声】全身全霊のレッスンで人の心を動かす