【教室・チーム運営】やる気を引き出すコミュニケーション


【写真は、恋する石けんインストラクター、
認定教室運営者が集まった指導要領会の写真】

__________________

以前登山家でいらっしゃった高取剛充氏の講演

「やる気を引き出すコミュニケーション
~ヒマラヤ登山に学ぶチームビルディング~」

___________________

を聴きに行ってきましたが
いかなる場面でも(子育てにおいても)あてはまり、
心に残ったことばかり。
熱いうちに文字に残しておこうと思います。

 

 

高取氏は、登山をする中で、
夢をもつことの重要性や
遠征登山というプロジェクトのマネジメント、
成功の可否を握る人間関係などについて考えさせられ

 

そのご自身の経験に基づき
体系化された企業研修を
行っていらっしゃいます。

 

冒頭でこんなお話がありました。
↓↓↓↓

==============

8000メートルのチョモランマへの
チームを結成するときに

 

●大学生や同窓生が集まったチーム
●公募で集まったチーム
の2つがあったとき、

当然、大学生チームは
長いつきあいがある中で
チーム全員が気心しれていて
仲が良い、また信頼しあっている関係です。

 

 

一方で、公募チームは
その時に初めて出会うという
どんな行動・言動をする人なのかも
これから登頂していく中でおしはかっていくという
大学生チームとは、まったく異なるチーム。

 

 

登山において「成功する」という意味は
命が無事でありながら、
1番に登頂し下山できることをさしますが

 

 

仲が良い、気心がしれている
こういった状態が必ずしも
成功する、うまくいくかというと
そうではないとおっしゃいます。

 

 

高度8000メートル
私たちが普段いる場所とは
想像もできない環境、
酸素が約1/3、固形物が食べられないので流動食。

 

 

半分本能で動いていて、
礼節などはどこかに飛んでしまうほど、
身についていないことはできない。

 

 

こういったある意味極限状態では
仲がよいことや
気心が知れていることは
成功に関与しない。

 

 

成功するために大切なことは、
成功にエゴがないこと。
チームにとって最善の選択ができること。

 

 

それには「山との対話をする」ことだと
おっしゃっていました。
社会との対話ではないと。

 

「ここで1番に登頂して下山できれば
マスコミがとりあげてスポンサーもつくだろう」
というような
社会的な立場を考えることを
「社会との対話」という
言葉であらわしていらっしゃいました。

 

 

これを一般の話におきかえると、
山との対話=自分との対話

 

自分との対話ではなく
社会との対話(体裁)をしている人は

うまくいかないということ。

 

「こんなことしたら
人から変に思われるかな?」

 

というように
行動において、人の目を行動指針にするような
ことをさしていらっしゃるのかなと思いました。

=====================

以上は冒頭に自己紹介とともに
話してくださったこと。

__________________

続いて本題
チームビルディングから学ぶ
やる気を引き出すコミュニケーション。

 

これは家族関係のあり方や
子育てにもいかせる内容でした。

__________________

1.「モチベーションの源泉はどこにあるか」

★内発的動機付け
★外発的動機付け

を知ること。

 

 

特に「内発的動機」
これはリーダーが与えることができないが
相手の中から見つけ出し、
それを実現できる「環境」を与えることができる。

 

リーダーのゴールと
相手のゴールをすりあわせる。

 

ゴールの一致点の見つけ方は、
抽象度を上げる=意味づけを変える。

 

観察と質問の有効性。

 

質問しても答えがない場合は、
価値観にあった日々の過ごし方を聞くことで
リーダーのゴールを相手のゴールと
すり合わせることができたり、

 

相手にとって
意味のあるものに
できるかもしれないとのこと。

 

価値観とは、その人にとっての正しさ、
こだわり、好き嫌い、将来像、なりたい姿。

 

2.問題解決の2つのアプローチ

★問題・原因追求型
機械や仕組みに対しては有効

★ゴール逆算型
良い点に着目して解決する。
(よいところばかりをみて問題を見過ごすのではない。)

 

解決できた状態を想定し、それをゴールとし、
よいところをいかして解決方法を探る。
(x悪いところを直す)

 

前向きな対話(責めない)
「あなたには解決できる力がある」と尊重して、
「もしできるとしたらどうやると思う?」
とアイデアを発散させ、
自発的な取り組み姿勢を引き出していく。

 

3.やる気を引き出すコミュニケーション

ポジティブな関わり方に変える。
関心をもつ:相手は自分がどうなりたいかと思っているのか。

 

効果的な質問をする。
(こちらが聞きたいことを聞く質問ではない。)
相手が自分で設定したゴールに向けて
進むための発想を促す質問

 

 

アイデアを聞き、
よいアイデアがでたらどう実行するか聞き、
最後はいつやるか聞く。
(基準はあくまでも相手のゴール)

 

 

こちらで決めず相手に決めさせることで
責任感をもった”やる気”に強化される。

 

 

相手を「わかっていない人、できていない人」と
ラベル付けすると責めの姿勢になりがち。

 

 

相手に「(まだ未発見だが)答えを持っている人
できる人」とラベルをはると
答えを出すまで待つことができる。

 

 

”やる気は「出せ」といって
でるものではなく、

相手への関わり方によって
こちらが作り出すモノ”

 

______________________

最後に

極限状態で、
どのように自分をコントロールするかという
質問がありました。


*あらかじめ行動を決めている。
その通りに行動する。

*ボ~ッとしていると情にながされて
判断が鈍る。

*何か事が起った時に判断しようとしても
とてもできない。

__________________

ここから得られることは、
教室運営でも言えることです。

 

あらかじめ、行動を決める。
つまり、教室運営指針を作ること。

 

「友達やその紹介が対象だし・・・
知らない人はこないし・・・」

それならなおのこと
必要だとわたしは思います。

 

金銭のやりとりがある教室ならば
(お友達同士が集まってやるとしても)
必要な行動指針で、

 

これを最初に作っておくと
自分が迷うことがなく、
(モヤモヤすることを避けることができる)
とても助けになります。

 

これが結局、お友達とのおつきあいの「情」を
大切にすることになるのではないでしょうか。

___________________

家族チームビルディング(笑)
娘を伴った最後の登山 4年前。
この後の年からは、娘が合宿で不在の間に
夫と2人で登っています。

 

(娘がブーブーブー言うのを
彼女のゴール(ダイエット)に照準をあわせて

肯定的な声でもちあげ、
なんとか登らせることができたのですが

 

これは私にとって、鍛錬でした。

 

ハイキングのようなものではないので、
自分のコントロール

イヤになるほどグズル、グズル・・・娘。

 

夫と娘、下界であんなに仲の良い2人が激変。
間に入りながら自分が試されたような感じの
忘れられない登山です。笑。)

 

昭和チックですが平成です(苦笑)
チャレンジだった北穂高。

 

 

【教室運営】目標の見える化の大切さ

__________________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


シゴト論


4月にお送りしているメールマガジンの内容の記事です。

 

昨年から本業とは別に
「女性が家庭と両立してできる仕事/
自宅サロン起業」についての講演依頼を

 

大学や公的機関からいただくようになり、
つい先日もお話をさせていただく機会がありました。

 

内容は、「趣味」と「仕事」の
ターニングポイントについて。

 

それに関連して、最近読んだ本で、
シェアしたい言葉を抜粋しました。

 

 

 

『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。』
という本から。

 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●「趣味」が他人に負けないレベルまで向上すると、
それは「特技」になる。

●好きと相性って何が違うのだろうか?
それは、「好き」や「嫌い」は頭で考えることであるのに対して、
「自分に合う」「合わない」は肌で感じるという点だ。

●ポイントは、人がしている「仕事」を見るのではなく、
仕事をしている「人」を見ることだ。

生きるとは選択することだ。選択しないことは、
実は自分の人生を生きていないということ。

●「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」に変えるには、
好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、冒険心の5つが必要である。

 

(プランドハプンスタンスとは:「計画的偶発性理論」
スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって
提唱された理論。

「個人のキャリアの8割は
予想しない偶発的なことによって決定される」とし、
その偶然を計画的に設計して自分のキャリアを
良いものにしていこう、という考え方)

●人は仕事を選ぶとき、自分の人生において何を優先させるのかという
価値観を明確にしなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、シゴト論でもありますが、
どんな場面でもあてはまることだと私は思っています。

 

「頭で考える」ことと
「肌で感じる」ことの違い

 

アロマテラピーをしていると、
この感覚が研ぎ澄まされてきます。

 

また、仕事を選ぶとき、
人がしている「仕事」そのものを見るのではなく
その仕事をしている「ひと」を見る事。

 

これは、「恋する石けん」と共通した概念です。

 

石鹸に恋しているのではなく、
使う人を想い、その人をまるごと見つめて作る
(ライフスタイルをみて処方を考える)
「恋するように」みることから
そう名づけたのですが、

 

ここでは自分がつきたい仕事をしている「ひと」が
自分のなりたい姿と重なることが
大切ということでしょうか。

 

シゴトを選ぶ時、自分の人生において
何を優先させるのかという価値観

 

やりがい、ワークライフバランス、
収入、充実感、社会貢献、・・・・。

 

私は、サラリーマン家庭に育ったので、
親は、サラリーウーマンになることを勧めます。
いまだに、サラリーマンへの道をすすめられるぐらいです。
今ならまだ再就職できるからって。

 

「あなたの仕事はいつからでもできる、
年をとってからでもできる。
むしろその方が年齢というハクがついて
いいぐらいじゃない?」とも。

 

これに対する自分の考えを
述べなければならない場面。

 

ビジョンがないか、迷いがあると
さっと答えられないのです。

 

「迷いがある」

 

これは正直な気持ち。
すっかり周りはお見透しです。

 

自分自身から離脱して
上の方から自分の姿をみてみると

「迷いがある」
自信のなさが起因しています。

 

私の場合は、
現場経験のなさからきています。

 

個人の教室を10年続けている
外部講座の委託業務も多数請け負ってきた
専門学校でも教えていた

 

ただそれだけの経験で
「教える」講師としての経験値しかないこと。
しかも狭い世界で。

 

物販も仕入れルートも
対外的な交渉も数字的な管理も
何もかも未経験、

 

現場経験を踏んで
独立したわけではない。

 

それが自信のなさとなってあらわれている。

 

こんな風に自分が見えてくると
じゃぁ、どうする?という
行動を促す思考に変わりました。

 

どうやって「シゴト」を
していくのか。

 

いまここで経験をふんでいくしかない。

自分の脳の中のおしゃべり達に
「つべこべいうな」と一喝できる
ぐらいに。

そして「伝える」熱さ、ビジョンがあるかどうか
これが1つの物差しだと感じました。

 

教室を運営するということは、
知識、技術を「伝える」だけでなく、

 

別の意味の「伝える」場面の方が
多いもの、これを本当に実感しています。

 

2017年も残り3ヶ月を切りました。
教室開講講座も第3期生がスタートです。

 

【教室運営】目標の見える化の大切さ