教室スタートアップ講座で学ぶこと


教室スタートアップ講座

お教室に通うということ。

 

その分野に興味があった
好きなこと。

 

 

スキルや技術、知識を学ぶことは
ためになるし、とても楽しい!

 

だからあれもこれも知ること、
やることに貪欲になります。

 

もし、教室を始めたいと思われた時、
これまでの学びを活かして始めるのは
実はそう難しくないこと。

 

始めることに、少し「エイっ」と
エネルギーが、いりますが

 

周りに教室をされている方がいらっしゃると
影響を受けるもので
(思考がそれが普通になっていく)

 

自然とその方向へマインドが
ついていくものです。
(やり方も、周りと同じように。)

 

ところが続けていくことは、
エネルギーがいくらあっても、
素晴らしい技術やスキル、
知識があっても
行き詰まることがあります。

 

教室運営を続けていくためには、
これまでとは違う学びが必要。

 

何故なら主婦だから。
(自分がそうだから痛感しています)

 

今日明日のことが大事で
それを平穏に守ることを
されてきていると思います。
これは当然のこと。

 

ただ、教室運営には、
別の思考も必要です。

 

私のように育った家庭も、
結婚してからもサラリーマン家庭であれば尚更、
雇用される身で働くという概念しか知らないので、

 

教室をやることと運営し続けることの違いを
いつかの場面で思い知るわけです。

 

今の状態は、3年前の行動の結果と言われます。
3年後の状態は今の在り方次第。

 

教室の仕組みづくりが大切。
そのための基盤が
教室スタートアップ講座の中に
あります。

 

昨日は、Lesson8「年間計画のたて方」でした。

 

現在の1期前の受講生の言葉
(教室を始められて間もない時)

「これまではとにかく教室をやる
ということが1番だった。
きてくれる方がいればできるだけ
おこたえしたいというのがあった。

目指すモノはそれだったのかな。
手放すモノは、かえなくちゃいけない。

レッスンに追われていた日々から
こういうことが考えられる時間がとれた。

レッスン以外のどこで
自分の時間をとろうかと
最初に考える時間ができた。

レジュメの作り方も変わったと思う。

Before 知っていることとか基礎とか
ベタうちするような感じだった。

After ペルソナが困っていること、
根本的に解決したいことを
想像して作るようになった

 

ここで言われている
「考える時間」は

 

「次のレッスンは何をしよう」と
考えることではなく、
(これがレッスンに追われている状態。)

 

教室のあり方を考える時間。

 

次のレッスン何しようと考えて作ったレジュメと
ペルソナのことを考えて作ったレジュメ

 

同じ「レジュメ作り」でも
追われている感じがしないものですね。

 

次回はいよいよ最終回。
【教室にまつわるあらゆるもの
(人、物、お金、時間)の管理の仕方】です。

 

ペルソナとは・・・?
こちらの記事も参考に

教室スタートアップ講座Lesson3

 

____________________

教室スタートしたい方、また
教室をすでにしているけれど、
運営について知りたい方へ
お役に立てるようなことを配信しています。


 

 



【受講生の声】できれば秘密にしておきたい講座


教室スタートアップ講座全9回の
第5期クラスが始まりました。

 

この講座は、フェールマヴィで展開する
各種レッスン卒業生だけでなく、

 

アロマ、ハーブ、石けんの
教室を始めたいなと思われている方、
どなたでもご参加いただけるものです。

 

どんな業種でも
考え方や、やることは共通していますが、

 

私自身がポジションしている
この業種であれば、

 

受講生にとって、ピンポイントな事柄を
共有可能であること、
教室スタートの後押しができる「足跡」が
それに沿っていることなどから

 

アロマ、ハーブ、石けんに
関連した教室という
フィルターをかけています。

 

新規クラスも既に2レッスンが
終わったところですが、
こんな感想を頂戴しています。

 

このような講座があることはできれば
秘密・内緒にしておきたいと断言できる。
(ただしいつか何らかのお教室を開きたい、
現在お教室運営に関する悩み不安を感じている方には
勧めたい)

過去に受けた数々のセミナーや講座とは
まったく異なる具体的で
細かい専門的な視点・視野からの講義である

 

この感想をくださった方は、
過去の受講生(ご自身の知っている方)が
みるみる変化されているのをご覧になって、
受講をしようと申し込みくださいました。

教室を始めるにあたって
講師である自分と教室主宰者である自分

 

この2面は別々に考えなくてはならいこと、
つまり全く別の知識とスキルが
必要だということに気付かれて
いらっしゃいました。

 

「教室運営」について
学ぶことの必要性

 

講師として、専門知識やスキル、
伝え方のスキルを学ぶことととは、
学びの分野が異なります。

 

教室スタートアップ講座という名前ですが、
これから教室を始めようとしている方よりも、

 

教室を既にやっている方、
周りがやっているように同じように
教室はじめてみたけれど・・・

なんかモヤモヤするなという方、

 

モヤモヤした視界を
クリアにして、

進むべき目的地がわかり
それに必要な自分の船をつくる。

 

次回はいよいよ3レッスン目。
どんどん変化されていく

生徒さんの姿が楽しみです。

 

途中からでもご参加いただけます。
(1回だけ体験レッスンとして受講可能で

その後、継続なさるかお決めいただけます。)

 

 


手作り石けんの講師になるきっかけは色々<前編>


恋する石けん

(写真:恋する石けん卒業発表会)

先日、生徒さんからお電話でこんな
ご相談を受けました。

いきつけの美容室で、手作り石けんのオーダー会を
打診されたとのこと。

(プレゼントした石けんを
とてもお気に召されて、
もっと石鹸のよさをみんなに
知ってらもらいたいとの
お気持ちから)

 

すごくワクワクするし、やってみたい気もするけれど、
レッスンで手作り石けんに関連する法律のこと
習ったなぁ・・・
これってどういう位置づけになるんだろう。
やってもいいことなのかなぁ。

 

「先生に相談してみます」と
保留にしているとのことでした。

 

私からは、3つの観点からの選択肢。
1つはやりかた1とその理由。
2つめはやりかた2とその理由。
3つ目は、やらない!

 

お花やキャンドルとは違って、
肌に使う以上、石けんは化粧品。

 

「作る」=「製造」にあたっては、
法がついてまわります。

 

薬機法以外にPL法
「責任」の所在にそれを負えるのかを
考えると、一期一会のお客さまに
提供することは難しいものがあります。

 

30分ほどお電話で
お話しして

 

その数日後、いただいた
報告がこちら↓

____________________

「オーダー会はやめましょう」

「オリ-ブオイルを使って
何かできないか・・。」

(美容室オーナー夫人は
オイルソムリエ)

「マルセイユ石けん作り」を提案!!
(でも、苛性ソーダ水溶液を作るときの
におい等、営業妨害になるかもしれない旨を
伝える。)

「どういうものか、
作る工程を体験したいので
1度お店にきてほしい」

ご本人いわく、
最初のオーダー会の話から
この流れ全て
思ってもみなかったという展開。

 

先生からいただいた資料を読み返して
とても新鮮な気持ちです。
石けんを自分で作るあの日のワクワクは
まるで昨日のことのよう!

キラキラした気持ちでお伝えできそう!
そんなワクワクした自分がいます。

材料や資料の下準備を始めたいと思います。

またわからなければ
ご相談させてください。

 

こうして
「講座」のご準備が始まられました。

今一度、石けんの歴史に触れ
製法に触れ、環境に触れ・・

 

出てくるクエスチョン。
資料を見返しての復習。

 

仕事から帰宅して疲れて
家事をやっていた日々が
人にお伝えするという
目の前の小さな目標で
どこからどう伝えようか?
こっちの説明が先か?などと

資料を作っていて元気の源になっていて
家事もさくっとできるこの頃、
生活にハリができ気分も軽やかです。
楽しい!のひとことです。

初めて作った時のラベンダーの香りなども
忘れられず、ラベンダーブンレドの香りの
石けんをお伝えしたいと思います。

↑↑↑
講座の準備の時から
こんなに楽しさが伝わってくる・・・

いきいきとしたお姿が想像できて
とてもうれしいことでした。


レイを手作りされる器用な方でいらっしゃいます。

(お話は、ご本人の許可の上、
掲載させていただいています。)

続く・・・

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加




それ教えて!って言われたらの教室スタートアップ講座1日完結


それ教えて!って言われたときの
教室スタートアップ講座1日完結を
開催しました。

 

お友達同士の間柄で、
石鹸をさしあげたり、
アロマの資格をとったというと、

 

「それ教えて!」って
よくあることですよね。

 

教えてって言われたことをきっかけに
楽しく集まる会を
継続していかれたいのか、

 

それとも、いずれはお友達以外にも
提供する「教室」というカタチに
したいのか・・・。

 

ここに申し込まれた時点で
後者であるという答えが
出ていらっしゃいますね。

 

今回、通常9回の
教室スタートアップ講座とは異なり、
10時半~15時まで1日完結のレッスンで、

 

実務としては、お友達に向けて
価格の提示の仕方、ブログの設定と
記事投稿の仕方など1つ1つ
ご一緒にやっていきました。

 

受講されたお二人の感想や
レッスンで考えられたことなどを
一部ご紹介します。

_____________________________________
★自分がどうありたいか、
どんな自分なのかということを
改めて考えさせられました。
得意なことがどんなことなのか、
それを生かす方法などもすこしずつ
見えてきました。

 

★ブログやSNSなどは完成した教室
でないとのせるのは恥ずかしいと
思っていましたが、●●●というのは
目からウロコでした。

 

★どちらかというとSNSは、
何をしているのかアピールする場だと
思っていたので●●●という考え方は
驚きでした。

 

★SNSばかりをみていると、
流行にながされている自分、
資格にこだわっている自分、
焦っている自分に気付かずに
行動しているのですが、
初心にかえり、自分の軸をしっかり
もてるようにしたいと思いました。

★ブログでその取り組みができるように、
ブログが自分に帰れる場所になれるように、
続けていきたいと思います。

★自分の軸をしっかりと持つことの
大切さを知りました。
今までそのようなことを考えず
全て漠然としていたが、
●●●を指針にすること
→これは本当に大事にしていかないと!!
と思った。

★●●●も今日初めて知り、
こんな方法があるのかと感激しました。
どんな人に伝えたいのかについて
もっとじっくりと自分に向き合って
考えていきたいです。

★実際にブログを開設してみて、
今までやった方がいいなぁと
考えていたことを実現したことで、
一歩前に進めた気がしました。

★ブログの中で、「いつか教室を開きたい」と
宣言したことで、なりたい自分(目標)を
掲げることができてよかったです。

★まずは短くてもなるべくブログ更新すること!!
習慣化させる。

毎日の中で、記事にすることを考える
→アンテナをはる事、みつけようとする。
自分と向き合う時間となる。

★値段設定=資料を作ってみる。

_____________________________________

いつか教室を開きたい、
漠然と思われた時が
教室準備の第一歩ですが、

 

この講座を通して、
一歩を「進んでいること」の
「カタチ」を残していただきました。

 

「思っている」だけでは、
顕在化することができにくく

 

何かあったときに
ふきとばされてしまい
自分を見失ってしまいがちです。

 

ですので、漠然と思った時に
顕在化する何らかの方法が
必要になるのです。

 

そのお役に立てたら幸いです。

___________________
【後記】

昨年のQOLアップレター
(私が発行しているメルマガ)
にも書きましたが、

 

インテリアショップ
「北欧暮らしの道具店」の店長さんの言葉に
「自分にできることをしようという勇気」
がありました。

 

何かを始めるとき、
まず自分にできることをする。

 

「できること」とは
「頑張らなくてもできること」
ではなくて、

 

“自分にとって大切で好きなこと。”
そうかかれていました。

 

「頑張らなくてもできること」は、
きっと、得意なことや意識しなくても
普通にできてしまうことですよね。

 

個人でお仕事をされている方にとっての
「強み」と言われるものかもしれません。

 

“自分にとって大切で好きなこと”

 

「好きで大切なこと」
ではなく、
「大切で好きなこと」

 

どちらも同じようですが、
少しニュアアンスが違います。

 

時には困難もあるでしょう。
乗り越えながら進めるのは、
自分にとって大切で好きなことだから。

 

「自分にとって大切で好きなこと」

 

こんな風に思考を巡らせたときに
出てくる言葉があるはずです。

 

フェールマヴィでは、

難しい知識や技術ばかりでなく、
暮らしの中の大切な思いや絆を
育むことが広がるようにと想いながら、

 

目に見えるカタチとして
「恋する石けん」を作り伝えています。

(恋する石けんは、アロマテラピー、
ハーブを季節に合わせて
半径30cmの”人と暮らし”にいかすことです)

季節や肌、体調、心の状態、気持ちを考え
処方おこしができる1番身近なカタチです。

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


教室スタートアップ講座Lesson5


教室スタートアップ講座

これまで
1.アロマ、ハーブ、石けんの教室を開くこと(準備等)
2.コンセプトの大切さ。対象はどんな生徒さん?
3.自分の引出しxやりたいことを整理してみよう(外部講師)
4.講座の作り方(金額設定の仕方など)
をやってきて、教室計画書に落とし込んできました。

いよいよ
5.講座をやってみよう!(講座発表)

講座のコンセプト、タイトル、所要時間
金額、開催場所、対象者、人数、内容
そして何より1番大切な「こと」があります。

講座の目的です。

その講座どうしてやるの?

理由は、どんな小さなコトでも
人から賞賛される大義名分なんかじゃなくていい。

「こういう人に役立つもの」
「こういう人が楽しんでくれるもの、
幸せな気持ちになれるもの」
「これこれこういう人の悩みを解決してくれる」
「これこれこういう人にとって目から鱗」

「これこれこういう人」が
頭に浮かんでいるからこそ、

内からわき出てくる「熱」が
注げるわけです。

おひとりずつ講座の発表をしていただき、
それぞれ感想を述べ合ったり
逆にここは悩んだけれど、どうすればいいか。

様々な角度からの忌憚ない意見と
ディスカッション。

受講生同士の学びの会となりました。

__________________
【受講生より】

自分のレジメを見直したり、
一緒に勉強してる人のレジメも
とても参考になりました

●●さんには、お話しする順番や
飽きられない説明の仕方やタイミングを
教わりました。

●●さんには、ゆるぎないコンセプトの強さ
や経営をしっかり組み立てたメニューなど

自分1人では 見えない視点を
たくさん考える機会を頂きました

そして

あの日は興奮しててすぐにレシピ
作り直しました

と後日、その後のアクションを
ご連絡くださいました。

ゴールデンウイークに
実践される予定とのこと、いいですね!!

_____________________

人へ伝え方や魅力ある講座をするには
どのようにすればよいかを学びました。
対象者によって、伝える内容
(初心者に伝えるのか、経験者へのスキルアップ講座なのか)
も変われば伝え方も違う。

自分が考える対象者とは違ったニーズがあることも発見でき、
とても勉強になりました。

見やすいレジュメ作りにはどのような工夫が必要なのか?
どこまでの内容をのせるのか?
ということも意見交換できて参考になりました。

一番大切なことは、自分が生徒さんに
何を伝えたい講座なのか?
それが明確になっていなければ、
一度のレッスンは来てくれたとしても、その後は続かない。

生徒さんが、レッスンの前後で気持ちの変化
(やる気やリフレッシュ)や
スキルアップでき満足して帰っていただけるのか?
そこに重点をおいた講座作りが大切なのだと感じました。

自分の教室の強み活かした魅力あるレッスンの構築と、
レッスンを通してスキルアップできたり、
気持ちの変化を感じられるそんな教室作りが
求められると感じました。

金額設定に関しても・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

_________________________

フィードバックありがとうございました。
ご自身では、軸がブレブレで
それが悩みだとおっしゃていましたが、

教室スタートアップ時は、
どこに舵をとろうかと
少し進んではちょっとずらして、
また進んではちょっとずらして・・・

どこがどっしりと落ち着いて進める場所なのか
あっち行ってみたり、
こっち行ってみたりするのは当然のこと。

悩む必要なんてないです。

今は、それをみていく時間、
調整する時間だと思ってください。

この講座修了後には、
その悩みを払拭できるように
私も伴走していきます。

お疲れ様でした。

次回は、Lesson6
「伝える写真を撮るということ」です。

写真教室とは違い、
きれいな写真を目指す
内容ではありませんが

「何を撮るのか、何をみるのか」

それだけで
全然違う写真になることを
体験していただきます。

お楽しみに。

 

 


教室スタートアップ講座Lesson4


【旧Labo(アトリエ)では入り口のところに、
現在のLaboでは玄関に飾っている絵】

 

地球(季節)、木、草、花、動物、生物、ヒト・・・
どれをとってみても唯一無二の存在で
まぁるく繋がって生きている!

2月の教室スタートアップ講座は、
同じカテゴリーに紐付けられるもの
(アロマ、ハーブ、石けん、蒸留)を扱っていても、

 

それを手がけるヒトが違えば、
その色を出して、唯一無二のものであるということを
しっかり意識してもらいながら、
「講座の作り方」と「金額設定についての考え方」
についてお話しました。

 

講座を作る時、
あれも伝えたい、これも伝えたい、
こっちも必要、そっちもいれると喜ばれそう・・・

 

その講座の受講生とゴールイメージを
しっかり認識し、何をいれるかではなく、
何を捨てるか(笑)

 

これはちょっと粗野に感じる言葉
かもしれませんが、
「本当に大切なこと」が浮かびあがります。

 

「捨てる」ことで、「わかりやすくなる」
私自身は、そんな風に思って、
向き合っています。

 

また、教室計画書に逐次up to dateしていく
ご自分の教室のマニュアル書の作製、
宿題をシェアし、ディスカッションしました。

【以下受講生より】

以前の課題である、教室開講マニュアルの
申し込みや連絡方法、キャンセルポリシー、
緊急時の対応などを話し合い、

 

事前にルールやマニュアルを作ることの
重要性を改めて感じました。

 

レッスン料の振込み口座の開設や
キャンセルの場合の対処法など、
具体的な方法のお話しも聞くことができ、
とても参考になりました。

 

まずは円滑な教室運営ができるためのルール作り、
現時点で想定できるトラブル対処法、
キャンセルポリシー、お客様へのご案内などを
しっかりまとめてみたいと思います。

 

「講座の内容を考える」では、
誰を対象にした何が得られる講座なのか?

 

「金額設定」では、レッスン料を決めるにあたっての考え方。
参考にするものは何か。
先生の具体的なお話を伺えて勉強になりました。

 

次回は講座発表なので、今まで学んだことを取り入れながら、
自分の目指す講座を考えてみたいと思います。

______________________________

以上、こうしてすぐ次への取り組みを考え、
行動にしていこうとされています。

時間があくとどんどん意識は薄れていきますが、
土台の整った教室スタートアップに
欠かせないと思っています。
来月の発表を楽しみにしています。

この日は、いつものアトリエから出て、
カフェでのレッスン。
(大倉山 花屋&カフェフルールさん)

 

レッスン後は、皆さんとカフェランチを楽しみ、
いろいろな展望のお話しに花が咲きました。

 

「お店のポリシーがつまってる
メニューやPOPをみて
お客様目線でいろいろ学ぶことが多く
とても刺激になりました」

 

受講後にこんな感想もいただきました。

 

こちらのカフェを使わせていただく場面は、
あともう1回あります。

 

「講座の魅力を伝える写真のとり方」です。

 

カメラでも、スマホでも
考え方は同じ。

またその時に。

___________________________________
週はじめのメールマガジンの内容は、
「時間があったらやる?」でした。
ブログに抜粋しています。↓

【教室運営】時間があったらやる?


【PBセッション】手作り石けんの安全性と教室運営の方向


【手作り石けんやアロマハーブ教室を始める】

始めるまでの準備や前へ進むエネルギーなど
スタート時の大変さ。

 

それ以上に運営・継続していく方が
大変なことは

 

教室をされている方ならば
胸の奥がズキッと反応すること
ではないでしょうか。

 

「自分ができることをやる」
または
「お願いされたことをやる」

 

後者に至っては、

 

あの人が喜んでくれるから「これ」
この人が喜んでくれるから「これ」

 

提供するものから入る「What」

 

これは、私にも身に覚えがあることです。
喜んでいただくと
とてもうれしい。

 

ご自身がそれでhappyであれば
何も言うことはないのですが、

 

そういった「What」に
焦点を合わせていると
時に迷ったり悩んだり、

何かズレを感じているのに
自分の信念を追いやろうとしてしまい
苦しくなってくることがあれば

立ち止まって考える時期です。

 

今回、プライベートセッションを
ご希望された紗織さんも

この時期だったんですね。

講座の方向性についてのお悩み

先に書かせていただいたように
迷いが出てきてしまうのは、

 

「やること」=「Waht」について
意識が向いているからで

 

「その先にあること」に視線をあげる。

 

セミナーにも出ていただいた
ことがあるので、

 

その時に少し触れた私自身の話の中で
ヒントを拾っていただきました。

 
(やることを絞るのがこわい。
絞ることの怖さはどこからきてる?
etc)

 

手作り石けんの安全性の問題

「肌に優しい」と謳うことに
抵抗があるというお悩み。

 

情報を提供する、選択する、
講座の中で受講生にもその意識を
もってもらった上で、

 

 

「肌に優しい」の
自分なりの定義をもつこと

 
(この壁に以前の私はぶつかったから
探究コースが生まれ、受講生にも
その意識をもっていただくように
しています。)

 

その定義に合致しないこと、
自分がモヤモヤすることならば、

 

「肌に優しい」の方向を見ない。

 

別のベクトルの要素は
1つにせず、わける。

 

あれもこれも抱きかかえて、
その講座の本当のゴール
見失わないようにする。

 

そしてそのゴールに
きちんと到達できるよう伴走するのが
講師の仕事。

胸に刻んで仕事をしています。

大切に残したい言葉

後日いただいたメールの中で
ご本人が大切に残しておきたい
言葉がおありでした。

 

所属とお名前の掲載により、
確固たる覚悟を感じています。

ご紹介させてください。

【写真/休憩時間のひとこま↑】

紗織さんの言葉から・・・

<途中略>
おかげで石けんを作り始めた時の
大切にしたい気持ちを
思い出すことができました。

 

手作り石けんを作り始めたのは、
主婦湿疹がきっかけ。

 

生活に不必要だと思うものを
排除したかったから。

 

そして、震災があった時に
強く感じたこと。

 

人が作り出したものは
巡りめぐって、口に入る。

 

だから、口にしたくないものは
使わない。

 

そう思っていたことを
陰に追いやっていました。

 

気持ちを改めて、使って嬉しい
手作り石けんを
広めていこうと思います^^

 

すっきりしました!

 

この先、ずっと忘れることのない
1日になりました。

______________

尾崎 紗織さん。(→★★)
ありがとうございました。

 

現在、世田谷にあるアロマテラピー&
ハーブショップ&サロン
カモミールに勤務され

 

ご自身のオリジナル教室活動も
これから動きだすご準備をされています。

 

「迷いがでてくることがあったら、
まず原点に戻る。」

 

ここに戻ると、みぞおちが温かくなり
ご自分の芯が見えてきます。

 

その芯の延長上に教室活動があれば
自分自身がいきいきとできますよね。

 

受講生も、そんな先生から
いきいきしたオーラを浴びることで
知識や技能の習得にプラスになります。

 

個人で活動する場合は
大切な要素だと思っています。

Root1
好きなワインです。↑


【開催報告と声】サロネーゼという生き方から新しいステージへ


 

blog15053345_1135288446549087_1509213789_o

花屋&カフェ ラプティフルールさんで
第29回大倉山ビジネスサロンの講師として
お話させていただきました。

 

 

2年ぶりにまたこの場に
たたせていただく機会。

 

 

ラプティフルールさんのオーナー
今村さんとの出会いは、

 

 

私が福岡から戻って間もない頃
こちらのカフェスペースをお借りして
ワークショップさせてもらいたいなって
思い、アポをとって、お会いしたところから。

 

 

ところが、いざどんな風な準備が必要で
どう講座を外でやっていくのか
わからないまま気持ちだけで飛び込んだので

 

 

具体的な講座案を生み出したり、
イメージをわかすことができず
(今村さんからアドバイスはいただいたのですが)

 

 

うみの苦しみで、余裕もなく、
自分からうかがったにも関わらず
結局その先のお話を自ら
進めることができませんでした。

 

 

それから約1年半後、
自宅教室で経験を積んで
ほんの少しレッスンさばきが
板についてきたころ、

 

 

2度目のアポ。

 

今村さんは私の履歴書を
大事にとっておいて
くれていました。

 

ようやく、1年半の時を経て
6回コースのワークショップを
開催するに至ったわけなのですが

 

当時、今村さんと打ち合わせする中で

「いつか末吉さんの教室ノウハウを
教えてほしいという人が出てくるよ、
後に続きたいと思う人がいるはずだから
そういう講座をやるようになるよ」

 

な~んて占い師みたいなことを
言われました。

その時は、「ありえない~」と
全否定でそんな自分の姿を
想像だにしませんでした。

 

それから2年後でしょうか、
本当にそういう声をいただくようになり

 

その声にこたえるように、
教室開講支援講座が誕生

 

15人の生徒さんが
この講座を受講して

 

教室を開業、またはその先の
ステップアップにつなげて
いらっしゃいます。

 
特に、外部依頼ワークショップ講座は、
生徒さんにお任せするシステムを整え

準備やワークショップの進め方
レシピアドバイスなど
することで、

不安を払しょくして、
経験を積んでいただくことにも
力を注いでいます。

(私が過去、自信がなくて、
できなかった経験をしているので)

それから私自身は、主に行政・大学関係で
セミナー依頼をいただくようになり

 

これまでの経験を
お話するという立場で
登壇させていただくようになりました。

blog15034144_1135288443215754_1370537946_o

さて、今回のビジネスサロンでのお話ですが、
「サロネーゼという生き方から新しいステージへ」
というタイトル

 
アトリエ開設の理由と
私なりのこだわりについて
お話させていただきました。

 

浮き彫りにするためには、
まずは、この仕事に至るまでの経緯
ぐっと過去までワープ

 

アロマとの出会いから
福岡で教室を始めるに至るまで
どうやって運営していたか

 

そして、
横浜に戻ってからの最初の4年間=趣味の延長
次の4年間=ターニング
アトリエオープンに至るまで
アトリエオープン後の変化
私なりのこだわり

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

私の仕事は、植物を取り入れて
美容と健康に役立て
豊かな暮らしの引き出しを増やすこと
その1つにあるのが恋する石けん®です。

 

 
恋する石けんは、
アロマテラピーの考え方を
ベースに、
 

自分を含めた使う人のことを
まるごと見つめて(ホリスティックに)
作る
 

どういうことかというと、
不調の時は、そこに対処するのではなく、
そこに至る背景をみる、考える、
 

家族の顔を見て
「最近、ニキビが増えたなぁ
寝不足続いているし、食事も脂質過剰気味かな」

 
「食事はこうしよう、
石鹸は、過剰油脂(石鹸にわざと残すオイル分)
をすくなくして、ドクダミのinfusedオイルを使おうかな
好きな香りの組み合わせで早めに寝させよう!」
とか、

 
自分の場合だったら
「こんな気持ちになりたい、
こういう泡でこういう香りで
こういう肌あたりの石鹸がいい」

 
それならこの材料!
この配合、組み合わせ!

 
こんな風にイメージし、
形にできるんです。

それはね、お料理でいえば
じゃがいも、にんじんがキッチンにあって
それぞれの野菜の知識はある。

だけど、それをカレーに使うのか、
ポテトサラダに使うのかって

どんな状況でどんな場面かで
包丁の入れ方も、カットの仕方も
変わってくるでしょう。

ポテトサラダにしても
マヨネーズをメインにするか、マスタードも使うか
ヨーグルトを使ってマヨネーズを減らすか

食べる人の好み、健康を考えたりして
カロリーとか気にしながら調味料を
選びませんか?
それと同じなんです。

アロマ・ハーブの知識
それを石鹸なり化粧品なり
何らかの形にする知識

それだけでは恋する石鹸は
作れなくて、

いつもそこには
使う人の存在が
見え隠れしています。

 
選ぶ材料、植物のエッセンス
それを考えているときは
まるでその人に(自分も含め)
恋しているかのよう。

だから
「恋する石けん」!
 

 

これは、植物の私達にとって有用な成分を
使わせてもらっているので、

 

その植物を守っていくことも
同時にしていかなければ
と思っています。

 

私自身は、自然保護活動に携わり
(売上のほんのごく一部ですが
寄付という形。ある協会をやめたので、
その協会に納めていた年会費をそちらに
あてているので、無理のない範囲です。)

 

生徒さんには、植物と暮らす楽しさを
あらゆる形にして見せてお伝えすること。

 

実際に体験し、使う楽しみが広がると
育てることに興味がわきます。

 

恋する石けん以外にも、
自分で育てた植物を
飲んだり、食べたり、
スキンケア品や抗菌スプレーにしたり・・・。

 

「育てたくなる」気持ちから
土に触れる。栽培する。
それがやがては「環境」への関心に
つながるかもしれません。
目が向くということだけでも。

 

すぐ足下の暮らしを
大切にすることで。

 

そんな思いを片隅に抱きながら
教室運営しています。

blog15053274_1135288449882420_1169892764_o

ご参加くださいました方々からの
一部感想を掲載させてください。

 

【教室の生徒さんC様より】↓

いま、こうして月に60名を超す
生徒さんを抱える先生が
まずはじめの第一歩を踏み出したところからのお話、
そして福岡時代のこと。
私はいま 先生の福岡時代にいるのだなぁ~~と
(まだそこにも立っていない・・・)

 

とてもとても興味深くて
スリリングで面白かったです。

 

ブログを通して できた生徒さんも
なかなか定着しないころが 先生にもあったこと。
要望があったのに 募集をかけると、
申し込みがなかったりもしたこと

 

先生でも、はじめの一歩はそんなことだったのだ~と
安心してしまいました。

 

それから アトリエを始めるに至った経緯も
とても面白く、メリットとデメリットの
すばらしい仕分け分析に感心。

 

現在のアトリエを 体験している私は
ものずごい臨場感でした。

 

なんだか、先生が
アトリエにきて
のびのびしていらっしゃる感じはありましたが
なるほど、こういうことだったのか~~と。

________________________
【N様より】
サロン形式と外部に教室を持つ違い。
外部教室にしたことで、
社会評価が変化すること。
誰に向けて何を発信するのかの視点
家庭と自分の仕事、
生徒さんとの関わり方、
社会との関係や位置付けを
どう捉えて教室を運営しているか
が特に勉強になりました。

また、近々に控えたイベントの相談にも
乗っていただきありがとうございます。

今後、何を自分の中で詰めて行けば良いのか
気づきが沢山ありました。

異業種の方々の集まりであることも
大変刺激になりました。

主催者の方のフォローも親身で励まされました。
参加して良かったと思いました。

_______________________

【T様より】↓
経営を意識した4年間の話のところが
一番私にとっていい話でした。

 

誰に向けて発信しているか、
つまりターゲットをしっかり定めること、
数字で物事を考えること、
そしてPDCAはやはり大事なんだということ。。

 

わかっていたけど実行できてないことを
反省するいい時間でしたし、
こうして実際に成功されている
ご経験者のお話をきちんと聞けたのが
本当に初めてでした。

 

私はコンサルタントを受けていた
6ヶ月間のみPDCAをやって
その後は何も振り返らずでした。

 

なぜならば、コンサルタントを受けていた時に
成功事例が見れなかったから
どこまでやるべきかが見えなかったのです。。

 

私のようなコンサルタントを受けても
まだまだ悩み多い女性起業家さんが多いと思います。
その方たちにはこのあたりの話が
とても響くかもしれません。

_______________________
【I様より】↓

主婦や女性が仕事を始める、
そこにある心のブロックや、
趣味の延長としての教室など、
とてもわかりやすく、
大きくうなずきながら聞いていました。

 

私の課題は発信。
誰に向けて、どんな言葉を使って、
たくさん指摘していただいた気分です。

 

好きなことをさせてくれている
家族に甘えてしまって、
手を抜いていることを反省したり。

 

何より行動力と継続力には
感服しました!

 

そして、植物の持つ力も実感。

 

セミナー中、ずーっといい香りで癒され、
ハーブティーも
あんなにいろいろなものが
入っているとは思えない、
とても美味しかったです。
また、飲みたいくらい。

 

植物は枯らしてしまったり、
ほったらかしにしてしまう
タイプなので、反省。

 

花壇で伸び放題のラベンダーの香りを
楽しむ余裕も持ちたいと思います。

______________________
【K様より】↓

やっぱり、一番大事であり、
私に不足している部分は
「経営」という意識。

 

これは今日の参加者は
ハっとさせられた方も
多かったと思います。

 

何事も結局は
「基礎」が大事で基礎があるからこそ、
発展できるという気づきが多い内容でした。

あとは、サロンスタイルと
学びを両方を行うバランスの良いこだわりは
共感できている部分であるんだけど、

実際、この両立が出来ない人が多いと思う。

あとは、SNSの使い方が迷っている人も多いし、
私自身、10年前のブログだけで集客できたころと
今とでは全く違うブランクの穴埋め、

キャッチアップに今必死なので迷っています。
ワードプレスやフェイスブック、
インスタの位置づけも今後どうするかって
皆さん知りたい部分だと思うので、

ここも今日は入り口として
教えてもらえたのはありがたかったです。

______________________________________
【K様より】↓

感想を一言でいうと
「まみさんの歩まれた道は、
私たちに勇気を与えてくれました。」

家庭をもつ女性の働き方は様々です。
でも、”足元を大切にしながら”社会と関わりを持ち
人の役に立ち、その評価をいただく。

まみさんのスタンスは、
わたしの理想そのものです。

わたしは、この足元を大切にすることこそが
女性が欠かしてはいけないことだと
思っています。

足元=暮らし=家庭

これは、偏見かもしれませんが
女性のもつ母性ならではで、
自然に発揮されるべきことなのだと^^

家庭は、この母性で
守られていなければなりません。

まみさんは、その素晴らしいモデルを
示してくださいました。

また、様々なエピソードも
私たちが努力をすれば
手に届くように思える”まみさんの語り口”が
勇気を与えてくれました。

夢を抱き、それに向かえる幸せを改めて感じながら
帰路についたのでした。

また、がんばれます!
まみさん、ありがとうございました。

 

15044837_1135288459882419_1805856448_o%e9%9b%86%e5%90%88

ご参加くださった皆様また、感想をお寄せくださいました方、
ありがとうございました。

 

主催者のラ・プティフルール
オーナー今村奈美子さん(→★★
共催のキャリアコンサルタント島谷美奈子さん(→★★

 
島谷さんは
参加者の皆様からの質問が
一段落した頃に、

 

参加者の皆様が知りたいと思われることを
(参加者自身は、とっさに思いつかないこと)
質問されたり、投げかけをされ・・・

名ファシリテーターでいらっしゃいました。
(いつも感じます。)

今村さんは、経営者の先輩として
厚いフォロー

大変お世話になりました。
ありがとうございました。

 
_______________________________
【ブログ掲載ありがとうございます。】↓
紅茶教室主宰 小林真夕子さん(→★★


【募集】アロマ・ハーブ・石けん教室開講・運営講座


kaiko1

Faire ma vie(フェール・マ・ヴィ)

教室開講・運営講座第1期生

 

修了生8名様を
輩出させていただきました。

 

*ご自身が大切にされていること、

*ワクワクすること、

*自分ならではの、

*お相手に喜んでいただけること、
(欲していただけること)

*教室の軸となるもの

*同じ業種の中でも
ご自分の立ち位置を
明確にできること

*横の強いつながりができたことで
情報交換、切磋琢磨、
気持ちと行動の変化

 

ぜ~んぶひっくるめて
スタートアップや
さらなる発展に

つなげられています。

 

最初に作る
教室計画書の
大切さ

 

その時々で
見直し、
書き直していくこと。

 

ご自分ならではの
レッスン内容、
バリエーションは

 

計画書を作成する課程で
見えてきた「軸」から
うまれてきます。

 

アロマに携わられている方は、
五感を大切にされていて、
情感が豊かな方が多いです。

 

そこをさらに大切にしながら
「気持ち」だけでなく
「根拠」をプラスされると
迷いにくくなるんだと思います。

 

そのための計画書です。

 

石けんを作る時に
レシピノートに
かいていただいていること。
共通部分がたくさんあると思います。

 

受講して感想をくださった方の
内容を一部ご紹介します。

 

*****

◆自分のキャラクターや
やれる事、伝えたい事など
軸をしっかりと見つめ直そう!
と思ってます。

 

それからアピールしたい対象者も
はっきりさせたいと思います。
今までは「誰に」と言う視点が
全くかけていました

 

とにかく
『私のLessonに来て欲しいな』
ばかりが先行していました。

 

ターゲットを絞ることで、
しっかり伝えたい事が伝わるし、
伝えやすいのですね!

 

先生のLessonに惹かれる
自分を振り返ると
とてもわかりやすいです(笑)

 

ゼロをイイ意味で怖がらずに、
突き進みたいと思います!

 

◆1回目と2回目を終えてみて
感じたことは、

 

「開講する前に、
この講座を受講出来てよかった」
ということです。

 

漠然とした考えで、
詳しく書きだしたりしていなくて、

頭の中で考えては、違う・・・

これも違う・・・の繰り返しでした。

言語化することの大切さを 
実感しました。

 

そして、昨日の講座の中での
「時代によって
ニーズは変わっていく」

「ブログは顔」

という言葉がすごく、
胸にきました。

 

私の中で、ちょうど少し前から、
ブログをどうしようかと
少し悩んでいたので、

 

 

開講できる目処が立ったら、
形態を変えていこうと思いました。

今からやろうと
思ったことの1番は、

 

人前で話すことになれる事、

 

話す要点をすぐにまとめられ
簡潔に伝える様にする事です!

 

(➠後日、湘南Aroma&石鹸 
創作部屋Cozy(➠★★
というブログサイトをオープンされ、
音楽のブログとわけられました。

また現在はアロマや石けんの
手作り教室を開講され
コンスタントに続けていらっしゃいます。)

 

◆1人でもんもんと
悩んでいたことが

先生の講座に出ることで
毎回、すっきり解決します。

 

なかなか視点を変えるのって
難しいですが、

 

いろいろなことに
アドバイスしていただけて
本当に幸せ者です♡

 

受講生のご紹介を
こちらでしています。(→★★

kaiko2

*****

【募集要項】
Faire ma vie
アロマ・ハーブ・石けん
教室開講・運営講座!!

 

●全9回 ¥80,000
(9回目無料個別相談)

 

●日程
全て木曜日
7/16、9/10、10/8、11/26
12月以降の予定は、
7/16顔合わせの時に決定します。

(2015年第2期生募集終了
次回は、2016年第3期生は秋募集予定)

 

●対象

㋹Faire ma vieとは、
「私らしい生き方、生活」
家族に還元できるアロマ・ハーブ・
石けんのある生活を提案する教室を
開いてみたいという思いがある方

 

㋹既に教室を開いているけれど
これでいいのかなと迷っている。

 

㋹こんな時、あんな時
(ご自身が
困ったこと)
どうすればいいのか知りたい。

 

㋹具体的にどんな準備が必要か
体系的に教えてほしい。

 

●お申込み(→★★)

 

新たな1歩+1歩を
皆さんで進んでいきましょう。
お申込みおまちしております。

 

■Facebookページ
11
ブログよりもいち早く更新されますので要チェック☆
( 日々のリアルな教室のこと、レッスン風景掲載)
フェイスブックアカウントをもっていなくてもどなたでもご覧いただけます!

室Facebookページ