恋する石けんインストラクター馬車道イベントお疲れ様会


恋する石けんインストラクター達と
馬車道イベントお疲れ様&振返り会でした。

自宅教室を長くしていたので、
メンバー全員ここが古巣のように
懐かしく感じてくれるので
料理も作りがいがあります。

 

新しく3名のインストラクターを迎え
(この日はこれなかった大阪の桜井敬子先生も含め)
初のイベントとなりました。

【今回の振り返り】

皆さんが持ってきてくださったデザートで
お茶をしながら振り返りをしました。

 

・・・感想・・・
●イベントは、見に行くだけだったけれど、
自分たちが主体的に「やる」ということが楽しい。

●今回一緒にコラボレーションさせていただいた
Purebloomチーム(木の実デコール講師陣)たちのディスプレイが
とても勉強になった。

●いつもは一人で何もかもやらなければいけないけれど、
チーム行動で、裏で苛性ソーダを準備してもらえたり
片付けをしてもらえ安心感があった。

●いつもは一人で何もかもやらなくてはいけず、
神経をあっちにもこっちにもいかせないといけないけれど、
受講生の「つくる」に集中してみてあげられるのがよかった。

●すごく楽しかった!

●次回はもっとがんばりたい。

●デザインの仕方を伝えるのが難しかった。

●色作りに時間がかかってしまった。

●教えるという「経験」になった。

●イレギュラーでずっとレッスンしている感じで忙しかった。

●お客さまがディスプレイをじっくりみてくれたり
香りのテイスティングを楽しんでくださり、
滞在時間が長くてうれしかった。

●レッスン運びが勉強になった。

・・・今後に向けてのアクション・・・
●ディスプレイの石けんに
名前やプロフィール、
恋する石けんStoryをつける。

●商品(アロマワックスサシェ、ハーブティー、
恋する石けんカモミーユシュシュ、石鹸用シリコンシート)
の値札シールのやりかたを変える
→会計をスムーズにする方法でシール方式採用

●ご予約の方をお待たせしない誘導をする。

●材料を置く場所をきちんと決める、整理する、
引き継ぎ、申し送りの徹底。

●お昼がきちんととれるように
タイムスケジュールをもっと細かく決める。

●同じエプロンなので、間違えてしまうことを防止するため
エプロンに名前をつける。

●SNSにアップする時の写真に注意する。
(お客さまのお顔や手元の状態は気をつけていても
遠くに映り込んでいる全てのことに気を配る。)

●石鹸作りのワークショップをする場合、
コンフェッティを入れるようなものを考える。
(色使いのバラツキがでないように)

 

2019年は、purebloomさんでは、
ワークショップではなく、
作品展というカタチをとることになっているので、
コラボレーションイベントは開催しませんが

また別のカタチで
企画を考えたいと思っています。

恋する石けんインストラクターは
「楽しい」を広く普及する
石けん作りに関することを、

新たに創設する「恋する石けんオーガニスタ」
というメンバーは、
公的な活動をしてまいりたいと思っています。

メンバー全員、益々精進していく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします!!

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


人と植物アロマと石けんをつなぐ恋する石けんインストラクター


恋する石けんインストラクター会発足時
初期メンバーは、6人+私でスタートしました。
(たまにはLaboではなく、自宅教室で)

 

恋する石けん入門~探究コース
その他レッスンをここに通ってきてくれていた方々なので
「懐かしい~!」と言いながら
駅からの急激坂道をのぼってきてくれました。

 

それから、2年、
8名のインストラクターを迎え

昨日、3名のインストラクター認定を
させていただ、新しいメンバーを
迎えました。

_____________________

さて、昨日のインストラクター認定面談で
こんな話を聞かせていただきました。
↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ecoなこと、体にいいこと・・・というと
●こうしなきゃダメ、ああしなきゃダメで
ダメダメダメで苦しそうなことが多い。
キラキラしていない。(輝いて見えない)
●ダメなことを探すことが多い。
●ちょっと暗い印象がある。

「恋する石けん」や「ライフオーガニスタ」は、
ダメダメではなく、どうすればいいのか考えられる。
無理をしないで楽しくできる、
世捨て人みたいになるのではなく
キラキラしながらできる。(輝いて見える)

ecoや体にいいことが広がるためには、
ecoだけどダサイよねではなく、

 

楽しい、かわいい、
みんながいいなと思える
ワクワクする気持ちが
大切だと思う。

自分にとって「恋する石けん」は、
ecoの興味をもってくれるものの
きっかけになるようなこと、

一部の2割の人ではなく、
みんなが作れるようになれればと
思っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑↑↑ ここまで。

 

「恋する石けんインストラクター」を
目指してきてくれる方は、

 

1年半学んで
心から「恋する石けん」が好き!

つまり、「人」が好き、「植物アロマ」が好き
「暮らし」が好きな人。

 

そして、もっともっと自己成長したい。

 

そういう思いがある方々です。

 

そのために
「instruct」する経験が必要で
そういう場をたくさん作っていきたいと
思っています。

 

「instruct」とは、
「人に伝え導くこと」

 

恋する石けんインストラクターは、
「人+(暮らし)」と
「植物アロマ」と「石けん」をつなぎ
伝え、導く人達。

 

「なんかいいよね」という漠然とした
気持ちをジワジワと深いところへ
育んでいける人。

 

地域でいきいきと活躍する女性たちを
増やし、

 

それぞれの暮らしからみえてくる
環境のこと、心と身体のメンテナンス
これらライフケアにつなげ
よりよくできることを考えていきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

_______________________
QOLアップレター
(メルマガ)登録(→★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


恋する石けんインストラクター会Vol.4


インストラクター会、講師会
恋する石けんインストラクター会。
新たに2名の講師が加わって9名揃っての
初顔合わせ。

 

ラブマウテンソープ
まずは、前回のインストラクター会で作った石鹸のシェア。
それぞれ違う色、香りブレンドを
確かめ合いながら全色、違う香りを
手元におさめました。

 

ラブマウンテンソープ
手作り石けん教室メリッサの谷山博美先生が講師として
提供くださったレシピです。

 

この会では、講師経験の長さにかかわらず
全員が講師としてたつことをしますが
まずは、豊富な経験者から学び合うところからです。

 

恋する石けん大阪支部長
そして!恋する石けん大阪支部がたちあがり、
その先頭を進んでくださっている
Sakura Laboの桜井敬子先生。

恋する石けんは、新しいコース
季節がおりなす彩りを大切にしながらその想いを
デザインにのせることができるようになるように、
シンプルで基本の技術をわかりやすく盛り込んだ
「センスアップビジュアルコース」を開設予定。

presented by 敬子先生です。
お披露目までは、まだ少しお時間をいただきますが、
ワクワクとお待ちくださいね。
(各恋する石けんインストラクター教室で
受講できるようになります。)

 

インストラクター会後半は、
「化学性」「アート性」の2面から
香りのブレンドはみていきますが、
今回は、少し、「アート性」に寄って
言葉やStoryから香りを考える時間をとりました。

香りは、目に見えない、触れることもできない。
音として耳に入ってくるモノでもなければ
味覚で感じることがありません。

ですよね?

けれど、香りをあらわす言葉として
視覚的表現、触覚的表現
聴覚的表現、明暗、味覚表現など

言葉で
その香りを表現することができます。

豊富な香り体験とボキャブラリーをもつこと。

それぞれの教室の生徒さんが作った香りブレンドに対して
「いい香りですね」以外に
感じたことを先生の口から言葉で
たくさん表現してあげると

その生徒さんの想像の幅が広がっていき
感性も磨かれていきます。

 

Wood Story
Wood Storyという大テーマの中に
それぞれの先生方の香りのタイトルがついています。

10/25~27に開催する
馬車道でのイベントでは、
この香りのテイスティングをお楽しみいただけます。

また、私達が一丸となって
皆様に木の実が結ぶ世界にお連れする
恋する石けんのワークショップ
石鹸・香り関連グッズの展示販売等も行いますので
是非お気軽に足をお運びいただけたらうれしいです。

イベント詳細

木の実が結ぶ世界Wood Story(展示・販売・ワークショップ開催イベント)


恋する石けんインストラクター会Vol.3


恋する石けんインストラクター会

恋する石けんインストラクター達が
一同に集まるインストラクター会。

第3回目となりました。
(1回目の様子→★★
(2回目の様子→★★

スキルアップレッスンとして、
講師同士で教え合うことや

教室運営の悩み、課題等をシェアし合い、
よりよい教室運営につなげていくというもの。

恋する石けんインストラクター会

今回のスキルアップレッスンで
とってもかわいく女心をくすぐるビジュアルソープ
名付けて、「ラブマウンテンソープ」を
教えてくださったのは、

 

東京練馬区の手作り石鹸教室メリッサ主宰
谷山博美さん。(→★★

 

あらっ?偶然・・・
パパバブルのかわいいキャンディーの模様と
石鹸の模様が同じじゃない~!!と
取り出したのは、Aroma de savon主宰
佐藤ふさ子さん(→★★

 

前回のインストラクター会では
「石けんの付香」がテーマだったので、
それぞれの石鹸のシェアをしました。

こんなキュートなラッピングを
ご披露くださったマインザイフェ主宰
大屋寿実子さん(→★★

【他インストラクター紹介】

●手作りパンと石鹸の教室Crochet(クローシェ)
新舎早苗さん(→★★

●創作部屋cozy主宰
沖田絵美さん(→★★

●ボタニカルシャワー主宰
武広千恵子さん(→★★

●マーメイドアロマLabo主宰
堀部幸恵さん(webメディア準備中)

キャッキャッという声がたくさん聞こえて☆・・・
実りある楽しい時間でしたね。

インストラクター会は
年4回開催します。

____________________________

教室の旬な情報をお届けします。
よろしければお友達追加してくださいね♪

友だち追加


恋する石けんインストラクター会Vol.2


恋する石けんインストラクター会

恋する石けんインストラクターで、
認定教室の講師対象の勉強会

 

香りの講座でした。

 

恋する石けんインストラクター会

次回は、それぞれのブレンドアロマを付香した
恋する石けんを持ち寄ってのシェア会です。

このようにインストラクターの皆さんには、
年4回本校での勉強会
(知識・技術・指導面ばかりでなく、
教室運営、心のありかた、
悩みの共有と解消のヒントなどに対応)
と各教室で企画開催の勉強会を実施していきます。

 

来年はさらに認定教室が増えるので、
各先生のオリジナリティーをいかした教室作りを応援していきます!

_________________
【恋する石けんインストラクター会とは?】

卒業後、教室を始めた後・・・
その時どきで悩みが出たり、
教室運営の課題が出てくるものです。

1人で悩まない解決のヒントにするための集まりであり、
恋する石けん講座内容の勉強会でもあり、
講師力ブラッシュアップのための勉強会でもあり
ほっとするようなコミュニケーションの場でもあります。

 


【恋する石けんインストラクター】指導要領会


​3月28日に
「恋する石けんインストラクター」が集合。

 

既に、3巡目ほどコースを開催している方、
コーススタートされ始めた方、これからの方も
全員が一同に顔を合わせす機会となった
指導要領会でした。

 

恋する石けん入門コースから
探究コースをトータルに学んでいただくことにより

 

自分にとって、または大切な方にとっての
その人にあった石鹸の処方(レシピ)を自分でおこして
石鹸を作れるようになる!

 

その指導者の方々です。

 

 

【恋する石けんとは?】
アロマテラピーの考え方を
ベースに、

 

自分を含めた使う人のことを
まるごと見つめて(ホリスティックに)
作る

 

【どういうこと?】

不調の時は、そこに対処するのではなく、
そこに至る背景をみる、考える、

 

家族の顔を見て
「最近、ニキビが増えたなぁ
寝不足続いているし、食事も脂質過剰気味かな」

 

「食事はこうしよう、
石鹸は、過剰油脂(石鹸にわざと残すオイル分)
をすくなくして、ドクダミのinfusedオイルを使おうかな
好きな香りの組み合わせで早めに寝させよう!」
とか、

自分用の石鹸だったら
「こんな気持ちになりたい、
こういう泡でこういう香りで
こういう肌あたりの石鹸がいい」

それならこの材料!
この配合、組み合わせ!

こんな風にイメージし、
形にできる。

お料理でいえば
じゃがいも、にんじんがキッチンにあって
それぞれの野菜の知識はある。

 

だけど、それをカレーに使うのか、
ポテトサラダに使うのかって
どんな状況でどんな場面かで
包丁の入れ方も、カットの仕方も
変わってきます。

 

ポテトサラダにしても
マヨネーズをメインにするか、

 

マスタードも使うか
ヨーグルトを使って
マヨネーズを減らすか

 

食べる人の好み、健康を考えたりして
カロリーとか気にしながら調味料を
選びます。それと同じ。

 

ベースとなるのは、
①アロマ・ハーブの知識
②それを石鹸なり化粧品なり
何らかの形にする知識の融合。知恵。

 

そして、いつもそこには
使う「人」の存在。

 

選ぶ材料、植物のエッセンス
それを考えているときは
まるでその人に(自分も含め)
恋しているかのよう。

 

だから
「恋する石けん」!です。

 

​いつもレッスンはアトリエなのですが、
メンバーのお1人に喜ばしいお祝い事があったので、

 

お祝いの飲食を共にしたいと思い、
皆さんが受講生として通ってくださった
懐かしの(?)自宅教室で開催。

 

10時半から14時までロングランレッスン後、
シャンパンと手料理の遅いランチをしました。

インストラクター6人の中で、

「”教室を開く”なんて考えたこともなかった、
自分がやる姿なんてま~ったく想像できず、
まさか自分がやることになるなんて・・・」とか、

​「教室をいつか開けたらいいな、まだまだ先です~」と
数か月前は、おっしゃっていた方もいらっしゃいます。

​「開く」って、周りは簡単そうにやっているように見えても、
とてもエネルギーのいることです。

また、実際に「さぁ、開きます」となって、
その後は、さらにエンジンをふかすぐらいの
パワーがいることです。

​そのパワーを1人でみなぎらせるって、
なかなか難しいことかもしれませんね。

人の思考において、
物事のプラスとマイナスがあったとき、
マイナス面にばかり照準を合わせてしまいがち。

それは、ヒトという生き物のクセなんですって。

​それを前提に、自然に無理なくスイスイと
前に進む方法があります。

「ノミとコップの話」をご存知ですか。

自分の体長の数十倍もの
ジャンプ力があると言われるノミ。

 

体長が数ミリのノミでも、コップくらいの高さなら
ジャンプして飛び越えることができます。
そのコップに蓋をしてみます。

 

ノミは何度も何度もジャンプして
コップを出ようとしますが、

 

 

ふたに当たって出られません。

 

しばらくして蓋を外すと、そのノミは、
これまで飛び超えることができていた
コップより高く飛べなくなっているんです。

 

このノミがもう一度コップを
飛び越えられるようになると思いますか?

 

答えは・・・

飛び越えられるようになります!
(ヤッタ~!)

その方法は、高く飛べる別のノミを
コップに入れること。

 

「飛べるノミ」を見ることで
「飛べないノミ」は飛べるようになるんですって。

 

これまでのレッスンクラスの中で、
どんどん教室を始められて進んでいく姿を
まじかに感じ、接していたことは、

 

遠い先と思っていたこと、
または自分とは縁のないことと思っていたことが

 

「自分にもできそう」、「やりたい」
そして「始める」パワーを充満にして
スイスイスイと前進できるんですね。

また、壁にぶつかっても、
そこを乗り越えるエネルギーと
乗り越える方法をみつけられるんです。

 

この春は、”ちょっと”自分には背伸びかな、
という中に身を置いてみるのもいいかもしれませんよ。

この「ちょっと」というのがミソです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【恋する石けんが学べる教室】

●千葉 創作部屋Cozy(→★★
●横浜西口 aroma de savon(→★★
●東京練馬区 手作り石鹸教室メリッサ(→★★)探究コースのみ
●横浜三沢 手作りパンと石鹸の教室(→★★
●東京大田区 植物の力を使った石鹸教室マインザイフェ(→★★
●横浜戸塚 ボタニカルシャワー(→★★

・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月8日(土)10時~12時
戸塚にある男女共同参画センター
フォーラム戸塚にて開催される
女性起業準備セミナーで
ゲストスピーカーとして15分ほどお話させていただきます。

【起業準備セミナー】体験談をお話します