【教室運営】断る勇気



【↑自宅教室時代の写真】

 

クオリティオブライフの向上
QOLアップのために
身近な植物やハーブ、アロマ
キッチンにある調味料、食材・・・
それらを融合して

再現性のあるホームケアレシピを作る
教室をしていますが、

 

ここにくれば元気になる
やる気になる

自分にもできそう
目標ができる

 

そんな誰かにとっての
心の基地となるような場所。

そんなスクール&Laboであり、
アトリエでありたい

 

これは自宅教室時代から
変わらない思いです。

さて、今日は、
そういう思いがあればあるほど
ともすると自分サイドで
ものを見がちになってしまった
自分の経験をかきたいと思います。

_____________

人に何かを頼まれたり
お仕事をされている方であれば
仕事の依頼がきたとき、
仕事をお願いされたとき、

何も抱えていること、案件がなければ
受けられると思いますが

そうではなかった時、
(現状気持ち的、時間的
いっぱいの状態の時)
どうされていますか?

 

相手の気持ちにこたえたい
せっかく自分に頼んでくれているので
期待にこたえたい
私に頼んでくれてうれしい

 

その結果、
くるものくるもの
全部抱きかかえてしまう・・・

 

パッパッパッと
次から次へといい感じで
仕上げられるのであれば、
悩むことはないのですけれどね。

私の話は、ここからです。
11年、この仕事をやっていて
最初の時は、
頼まれることがうれしくて、
あれもこれもぜ~んぶ引き受けていました。

 

時間の「見積もり」が
できていなかったのです。

 

何も考えず、あれもこれも
引き受けてしまい・・・

 

できないことまで
簡単に返事をして
引き受けてしまいました。

 

もう、この先はいわなくても
わかりますよね。

 

期限ギリギリにやっぱりできませんとは
いわないまでも、

 

完成度が低い仕事になりました。
結果的に、頼んでくれた相手の
期待とは違うものだったと思います。

 

「せっかくお願いしてくれたのに、
断ったら悪いんじゃないか」

 

これは、エゴでした。

 

これって本当に相手のことを
考えていたのかな?

 

結果的に中途半端な
仕事になってしまったように
思います。

 

早い段階で勇気をもって
断るべきだったと
どれほど悔いたことでしょう。

 

思い出すとこの時の胸の痛みまで
よみがえってきます。

______________
「相手を思うこと」は
「断る勇気」でもある
______________

と胸に刻んだ経験です。

11年を経て、ようやく自分のキャパを理解し、
それを保ちながら、時にはほんのちょっと
負荷をかけられる塩梅もわかるようになりましたが

 

「相手を思うこと」は
「断る勇気」をもつこと

 

何かが飛び込んでくるたびに
これを自問自答して、今の自分の状況を
みるようにしています。

 

もし、同じような場面にであうことがあったら
この言葉、思い出してください。

 

今週もいい1週間にしましょうね♪

_____________________
【編集後記】

新しいアトリエでのレッスンも
2週間が過ぎました。

________________________________

お教室をはじめてみたいな
教室をするってどうすればいいのかな。

 

また、始めてはいるけれど
このまま進んでいいのか迷っている

 

できたら趣味の教室ではなく
仕事と呼べるようになる
一歩踏み出したステージに行きたいな

 

そのような思いがある方に向けて
「教室スタートのための12日間マインドセット」を
毎朝8時にメールをお送りさせていただいています。

 

いつご登録いただきましても
1日目から順番に朝のメッセージとして
お手元にお届けいたします。

 

どうぞご登録ください。