【教室運営】自由を扱うセンス

緑茶芳香浴


緑茶芳香浴
(自宅での事務作業は
緑茶の香りで・・・・)
普段は、会社という組織の中で
雇用されながら週末だけの
お教室をするという
ワークスタイルがあります。

いわゆる副業です。

 

最近は、多くの会社が副業を認める
ようになってきているようです。

わたしの教室にきてくださっている中の
数人がまさにこのタイプで

 

その中からこの度
副業を本業にされて
会社員生活に終止符を打たれた方が
いらっしゃいます。

今までは、会社にいる時間を除く

限られた時間の枠があり、

その制約の中でお家のこと、

副業のこと、そのためのお勉強、

ご自身のスキルアップ

目一杯だったことでしょう。

きっと今は、これまでできなかったことに

時間を費やせたり
色々なことを選択できる
「自由」を得て
のびのびされているはず。

その前途に益々のエールを
送りたいと思います。

 

さて今日は、その「自由」について
一緒に考えてみたいと思います。

ダマスクローズ水蒸気蒸留

「自由」という
言葉は好きですか?

聞くと嬉しくなりますか?

 

私はYesです!

 

とは言っても、
世の中には
「自由」が苦手な人が
いらっしゃいます。

 

どれを選んでもいいよ
何をしてもいいよ
自分の好きなことをすればいいよ

 

こう言われると
困ってしまう・・・

 

そうなのです。

どれを選んでもいいと言われると

何を選べばいいのかわからない

何をしてもいいよと言われても

何もすることが浮かばない

自分の好きって・・・・?

何が好きなんだろう

こんな風にわからなくなるのです。

あまりに自由が過ぎてしまうと

迷子になってしまう。

それがある制限を設けると

答えが出せるようになります。

例えば、あるデパートにいって

ご主人や恋人やお友達から
欲しいものをプレゼントするから
お金のことは気にしないで

どれを選んでもいいよと言われた時

選べますか?

お金のことは気にしないでと
言われても相手の懐事情を

きっと気になさるはず。

ご自分が欲しいものに

フォーカスができなくなる

と思うのです。

それがもし、予算はいくらいくらで・・・と

言われていたらどうでしょう。

その予算内の中で
自分の「好き」や「欲しい」という

感情にフォーカスして物をみたり

選んだりできるようになります。

ここでいう「予算」は

「制限」ですよね。

「自由」と「制限」は

対義語のようで

そうでもありません。

「自由」の中に「制限」が

あることで、物事が

動きやすくなります。

教室主宰者は、自分自身が

何らかの分野の講師であり

その教室運営者であるという立場。

意思決定の全てが自由であると同時に

責任を担います。

「自由」は謳歌してのびのび

教室をすることが大切ですが、

その「自由」には

扱うセンスがいる。

それは
「制限」を設定できるという

スキルでもあります。

「制限」は難しく考えることはないです。

「柵」を作ると思ってください。

広い野原に放り出されて

何もできない1日を過ごすのではなく、

広い野原のここからここまでという

柵を作ることで、
この柵の中で
楽しく過ごすことなら

いくらでも考え付きそう!

こんなイメージです。

朝起きて、その都度

「今日は何しようか」と

考えるのではなく、

朝の過ごし方も

柵を作ると思ってみると

色々なアイデアが浮かんできませんか?

「柵を作る」
自由を扱うセンスの
使いどころです。

__________________________________

お教室をはじめてみたいな
教室をするってどうすればいいのかな。

また、始めてはいるけれど
このまま進んでいいのか迷っている

 

できたら趣味の教室ではなく
仕事と呼べるようになる
一歩踏み出したステージに行きたいな

 

そのような思いがある方に向けて
「教室スタートのための12日間マインドセット」を
毎朝8時にメールをお送りさせていただいています。

 

いつご登録いただきましても
1日目から順番に朝のメッセージとして
お手元にお届けいたします。

 

どうぞご登録ください。